2012年研究カタログ
474/543

■ 北海道センター所長:松岡克典 ■ 北海道産学官連携センター ■ 連携先:北海道センターバイオものづくりとメタンハイドレート研究の連携推進連携のポイント連携の方針連携の支援策連携可能な技術・知財 ●世界で唯一の完全密閉型植物工場を利用した植物による医薬品生産の拠点 ●バイオCADを利用した微生物バイオものづくりの加速の拠点 ●メタンハイドレート資源からの安定で効率的な天然ガス生産技術の拠点 北海道センターでは、生物プロセス研究部門の「バイオものづくり」とメタンハイドレート研究センターの「メタンハイドレート資源の高度活用」における国内の研究拠点として、これらの実用化に向け、産業界との連携を推進しています。植物による医薬品生産では、世界で唯一の完全密閉型植物工場を活用し、製薬企業との連携によって実用化を目指しています。また、食品や医薬品などの機能を解析するために必要な高性能動物舎を備えた産学官連携研究棟において、企業との共同研究を推進しています。 完全密閉型植物工場は、組換え植物を利用した医薬品生産のための最先端の施設であり、組換え植物によるものづくりの研究が企業と共同で進められています。また、組換え微生物による有用物質の効率的生産技術、微生物や生体物質(核酸・タンパク質)の産業利用に関しても企業との共同研究を推進しています。北海道センター内の産学官連携研究棟には、組換えDNA動物に対応した高性能動物舎が設置されており、最先端の食品・医薬品の機能解析に関する企業の共同研究を推進しています。また、札幌市大通西5丁目の北海道センター大通りサイトでは、企業からの技術・連携相談をいつでも承っております。●密閉型植物工場における組換え植物栽培技術●バイオインフォマティクスによる代謝物生産システム●微生物の産業利用技術●高機能生体物質の実用化技術●メタンハイドレート資源からの天然ガス生産技術●高速かつ高精度なメタンハイドレート生産性・生産挙動予測技術完全密閉型植物工場内部産学官連携研究棟高性能動物舎● 連携拠点北海道センター472特別展示第2会場X-10X-10

元のページ 

page 474

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です