2012年研究カタログ
470/543

IBEC-IPの代表的な公開研究機器・設備先端機器共用イノベーションプラットフォーム(IBECーIP)研究のポイント ●超微細加工から計測・評価まで最先端機器とノウハウを備えた共用施設 ●コンサルティング、ソリューションおよび人材育成機会をご提供 ●オープンイノベーション・プラットフォーム■ つくばイノベーションアリーナ推進部 IBECセンター センター長 村上純一 研究のねらい 産総研では様々な研究開発が行われており、その実験機器・設備は基盤技術から先端技術まで幅広い研究分野と領域にわたるものとなっています。産総研は、これらの機器・設備を社会と共有することで、産総研内外のノウハウを有機的に連携させ、異分野融合の促進を目指しています。IBEC-IPは、協創の場としてのオープンイノベーション・プラットフォームであり、新規研究分野への参入障壁の低減、研究開発支援や技術移転によるソリューションの提供、そして開かれた場であるからこそ可能となる人材の育成に貢献しています。サービス内容 IBEC-IPでは、以下のような分析・試作サービスや研究機器・設備などをみなさまに提供しています。1.機能性酸化物を主対象とした、ナノグリーン分野の実用化 研究開発用機器・設備。2.タンパク質立体構造解析、溶液組成分析、有機化合物解析 など、各種溶液NMR測定。3.電子顕微鏡(TEM、SEM)による微細構造の観察や元素分析、 トモグラフィー等。4. S-XAFS装置、陽電子材料欠陥測定、超伝導検出器質量分析、 固体NMR、ナノ・ピコ秒分光などの最先端ナノ計測。5.先端的な材料・デバイスの微細加工から機能検証まで行える 一貫した研究開発機器・設備(NPF)。6.3テスラMRI装置による脳機能計測に基づく脳機能解明と、 脳機能計測による製品やサービスの評価。7.ステッパ、熱インプリント、FIB、Zygo、コンフォーカル 顕微鏡などMEMS関連の微細形状成形・評価装置群。http://www.open-innovation.jp/ibec/468特別展示第6会場X-08JX-08J

元のページ 

page 470

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です