2012年研究カタログ
47/543

■ 研究担当:川﨑慎一朗/鈴木明 ■ コンパクト化学システム研究センター コンパクトシステムエンジニアリングチーム■ 連携担当:南条弘 CO2混合による粘度低下を利用した成膜・微粒子製造技術の開発研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●希釈溶剤の代わりに高圧CO2を混合・溶解させ、有機溶液(塗料など)の粘度を低減可能 ●連続高圧スプレー噴霧による成膜、微粒子化、スリットダイなどを用いた塗布 ●ものづくり技術を高性能化(高意匠性、微細化)、グリーン化が可能 有機溶剤系塗装技術では、塗料の粘度を噴霧可能なレベルまで低下させるために多量の希釈溶剤(シンナー)を添加しています。噴霧後の希釈溶剤は大気中に放出されるため大気汚染を引き起こすので、希釈溶剤使用量の削減が強く求められています。本研究では、希釈溶剤の代わりに高圧CO2を使用し塗料粘度を低下させ、高圧環境から連続噴霧する新たなスプレー塗装技術を開発しています。本技術は原料によっては従来法(空気噴霧法)に比べて高意匠性塗膜を製造できます。成膜・微粒化、塗布など低環境負荷ものづくり技術として応用展開を図っています。 塗料などの原料に、高圧CO2がどの程度溶解するか、また粘度がどの程度低下するか、という基礎研究から始めます。それを、噴霧ロボットに搭載した連続噴霧装置を用いて、希釈溶剤を添加せずに試験塗装して成膜評価を行います。この装置では、塗料とCO2を迅速、均一に混合するマイクロミキサー、均一に高圧噴霧ができる噴霧ガンなどがポイントです。成膜、微粒化に加えてスリットダイによる塗布の検討も行っています。高速度カメラなどを用いて微粒化メカニズムを解析して噴霧条件(ソフト)及び装置(ハード)の開発を進めています。● 特開2010-234348「二酸化炭素塗装方法及びその装置」● 特開2010-234349「二酸化炭素を用いた一液型・二液型塗料の塗装方法及びその装置」● 特願2012-056529「二酸化炭素を混合して低粘性化させた溶融樹脂の高圧微粒化方法及び装置」● 特開2012-086145「高圧二酸化炭素の連続混合による高粘度有機性流体の加工方法及びその装置」謝辞: 本研究の一部は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「革新的塗装装置の開発」により行われたものです。 ����������������������������������CO2VOC���������������������������������������������������CO2VOC����������������� 図1 二酸化炭素塗装装置������CO2�������CO2 30%��������� 図2 噴霧スプレー(高速度カメラ)● 研究拠点東北センター45環境・エネルギー分野第5会場E-30E-30

元のページ 

page 47

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です