2012年研究カタログ
458/543

省エネルギー社会の構築や、高齢化問題への対応等の21世紀型課題の解決には、国内外の多様なプレイヤーが協働で科学技術を結集、融合させた研究開発を推進することによって新たな社会的価値や経済的価値を生み出す革新、すなわち多彩なオープンイノベーションを興すことが必要です。産総研は、自らが中核となって多彩なオープンイノベーションを興すため、研究成果の蓄積、先端的なインフラの整備、人材の育成を継続的に進めるとともに、多様な人材や組織・機関を集結させ、世界各国の研究拠点との連携ネットワークを効果的に活用するためのハブ機能を強化します。イノベーション推進戦略オープンイノベーションハブ機能の強化産総研がオープンイノベーションハブとして世界を繋ぎ、我が国の研究開発を新しい価値創出へと導きます������������������������������������������������������������技術革新からイノベーションへ①有望シーズを生み出す・研究成果活用機能の強化・多様な人材の集積と育成②筋のよい技術を育てる・産業界との協働プロジェクト拡充・地域におけるオープンイノベーションの推進・グローバル化によるハブ機能強化③市場への出口をつくる・拠点機能の整備・産業界等とのネットワーク強化456特別展示第1会場X-04X-04

元のページ 

page 458

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です