2012年研究カタログ
454/543

●新たなイノベーションシステムの構築 1 .産学官が一体となって研究開発や実用化、標準化等 を推進するための「場」を提供します。 2 .公設試験研究機関、大学、中小企業などとの共同 研究・技術相談を通じて、技術支援・人材育成を 強化し、地域経済活性化をめざします。 3.環境・エネルギーなど地球規模の課題解決へ向けた 国際研究協力の強化を行います。●イノベーティブな人材養成の推進 1 .我が国の産業技術の向上に資することができる人材 を社会に輩出します。 2 .共同研究等を通じて地域の研究人材を受入れ、 産業化への橋渡しや研究人材を育成します。●経済と環境の両立、国民生活向上等への研究開発による貢献 1 .経済と環境を両立する「グリーン・イノベーション」 の推進のため、低炭素社会実現に貢献する技術を開発します。 2 .国民生活向上のための「ライフ・イノベーション」の推進の ために、創薬、医療、介護を支援する技術を開発します。 3 .我が国の産業競争力向上に貢献するため、材料、ITなどの 領域で他の追随を許さない先端技術開発に挑戦します。 4 .地域ニーズなどを踏まえ、地域経済の競争力を支える 最高水準の研究開発を行います。●新時代の産業基盤の整備 1 .計量標準の充実及び高度化を行います。 2 .地質情報の整備を行います。 3 .新規技術の性能及び安全性評価、国際標準化等により、産業 や社会の「安全・安心」を支える基盤整備を行います。 産総研は「課題解決型国家」への貢献にむけ、「21世紀型課題の解決」「オープンイノベーションハブ機能の強化」を大きな柱に位置付け、重点的に研究開発等に取り組んでいきます。 産総研のミッション①21世紀型課題の解決②オープンイノベーションハブ機能の強化地質情報の整備計量標準の充実革新的技術開発ライフ・イノベーショングリーン・イノベーション独立行政法人 産業技術総合研究所社会の発展を科学技術の進歩で支える�����������������������������������������������������������������������オープンイノベーションの推進�������������������������������������������������������������������������������������������������������������452特別展示第1会場X-01

元のページ 

page 454

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です