2012年研究カタログ
45/543

■ 研究担当:石坂孝之/川波肇 ■ コンパクト化学システム研究センター コンパクトシステムエンジニアリングチーム ■ 連携担当:南條弘 マイクロリアクターを用いたナノパッケージング技術の開発研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●複数の成分をポリマー微粒子へ内包可能な技術 ●金属や酸化物ナノ粒子を凝集させずに孤立状態でポリマー微粒子へ内包可能な技術 ●迅速且つ簡便な複合微粒子の連続製造法 マイクロリアクターを用いたナノ材料作製の研究は、単一成分の微粒子を対象とし、主に微粒子サイズの精密制御、微粒子の微細化に注力されてきました。マイクロリアクターの持つ特性「迅速混合性」、「迅速温度制御性」、「迅速な逐次操作性」をうまく利用することにより、様々な複合ナノ粒子を迅速且つ連続的に作製することが可能となります。特に「迅速な逐次操作性」により、凝集し易い金属などのナノ粒子であっても、凝集する前にポリマー微粒子の内部や外部に固定化することができます。このように、従来難しかった均一な複合微粒子の作製を可能としました。 マイクロリアクターにより有機溶媒中で金ナノ粒子を作製、逐次的にポリマー溶液との混合、微粒子化を1秒以内で行うことで金ナノ粒子が孤立状態で均一に内包されたポリイミド微粒子を作製することに成功しました。金ナノ粒子は数秒で凝集するためバッチ法での作製は困難であり、本ナノパッケージング技術により初めてこの様な複合微粒子の作製を可能としました。得られた微粒子の触媒性能を検討したところ、超臨界二酸化炭素中でのニトロベンゼンの水素化に対して高い反応性を示し、金ナノ粒子の脱離も確認されず高性能触媒であることが確認されました。● 貴金属ナノ粒子内包ポリイミド微粒子の高耐久性触媒への利用● 酸化物ナノ粒子内包ポリマー微粒子の連続製造● 複数成分(薬剤・磁性ナノ粒子など)内包ポリマー微粒子の連続製造● 特開2011-038024 (2011/02/24)「ポリアミド酸微粒子、ポリイミド微粒子の連続製造法」● 特願2012-033756(2012/02/20)「金属ナノ粒子/ポリイミド複合微粒子及びその製造方法」��������������(60�C)�����������������������PAA������������������������������������n-hexanen-hexanen-hexane/DMAc������������������������������������������������������PAA��������������������������������������������������������������������PAA �����������������A�������Bナノパッケージング技術による金ナノ粒子内包ポリイミド微粒子の作製法100 nm10 nm���������������Au��������������������������金ナノ粒子内包ポリイミド微粒子のTEM像● 研究拠点東北センター43環境・エネルギー分野第5会場E-28E-28

元のページ 

page 45

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です