2012年研究カタログ
445/543

事業のポイント事業のねらい事業の内容連携可能な技術・知財産総研技術移転ベンチャー■ ライフロボティクス株式会社 尹 祐根/栗原 眞二/ヤン ブホ メ-ルアドレス ■ 連携担当:ベンチャー支援室 上肢に障がいのある人向け自立生活支援ロボットアーム ●上肢障がい者が自ら操作し、自立生活を実現するロボットアーム ●リスクアセスメントにより、本質安全向上を重視 ●上肢障がい者の状態に応じた入力装置 腕が動かない上肢に障がいのある人は、日常的に家族や介助者からの支援を受けて生活をしています。このため、自立生活を送ることやプライバシー確保が難しくなり、QOLの低下が問題となっています。この問題を解決するために、産総研の技術を導入し、自ら意のままに操作できるロボットアームと入力装置の実用化を進めています。 上肢に障がいのある人の多くは、体幹を動かすことも難しいため、安全性への考慮が重要となります。このため、十分なリスクアセスメントを実施し、高い本質安全性確保を目指しています。 上肢に障がいのある人の多くは、体幹を含めて手足も動かすことが難しいため、本事業では、リスクアセスメントを重視し、高い本質安全確保に取り組んでいます。産総研と(株)川渕機械技術研究所が共同保有する知財の技術移転も予定しています。 上肢に障がいのある人は、症状によって動かせる体の一部が異なるため、症状に応じた幅広い入力装置が必要となります。本実用化開発では、市販されているパソコン用入力装置を応用することで、安価で幅広い入力装置開発に取り組んでいます。●高い本質安全を有するロボットアーム技術●ユーザインタフェースに関する技術●人とロボットの共存に関する安全技術●高齢者・障害者の生活を支援するロボット技術●介護保険制度下における、要介護者とその家族の介護生活向上に資する新サービスやノウハウ●高齢者向け新サービスのコンサルティング技術移転を実施している産総研のロボットアーム(C)AIST● 研究拠点つくば中央443ベンチャー第2会場V-01V-01

元のページ 

page 445

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です