2012年研究カタログ
443/543

■ 研究担当:今泉博之/杉田創/井本由香利/駒井武 ■ 地圏資源環境研究部門 地圏環境評価研究グループ■ 連携担当:内田利弘 発光バクテリアによる土壌汚染評価手法の開発̶土壌汚染対策法・第二種特定有害物質に関する急性毒性評価̶研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●時代を先見した環境問題への取り組み ●安心安全な社会のための土壌汚染評価技術の開発 ●生物に及ぼす有害元素の急性毒性影響に関するリスク評価 近年、重金属類や揮発性有機塩素化合物等による土壌汚染が顕在化し、社会的にも土壌汚染の調査・対策等が求められています。特に土壌汚染対策法では、第二種特定有害物質として重金属類9物質(Cd、Pb、Hg、Se、Cr6+、As、F、B、CN)が指定されています。当グループでは、急性毒性・環境リスク評価や汚染物質の簡易検出技術として注目されている発光バクテリアを利用したバイオアッセイによる土壌汚染評価手法の開発を実施しており、安心安全な社会基盤構築への貢献を目指しています。 本研究では、汚染土壌の抽出液を検液とすることを想定した溶液pHやバックグラウンド物質(土壌構成物質)の影響評価を含む試験方法の検討、及び、石油系炭化水素に代表される有機化合物や近年普及してきたナノ粒子に関する急性毒性評価を行ってきました。図2に示すPbに対する試験結果から、Pb濃度が高いほど発光強度が大きく低下すること、20分ほどの反応時間で毒性判定が完了する可能性があること、等がわかります。重金属類は種類・濃度によって土壌中・液相中での特性が大きく異なるため、様々な条件において試験を継続し、さらに反応速度論的解析を含む詳細な検討を行っています。●重金属類に関する急性毒性評価●石油系炭化水素に関する急性毒性評価●ナノ粒子に関する急性毒性評価●重金属類の土壌吸着・溶出に関する解析●汚染土壌からの有害金属元素等の迅速抽出技術謝辞: 本研究にあたり,試料の提供および適切な助言をいただいた日立化成工業株式会社の皆様に感謝の意を表します。��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図1 急性毒性評価試験フロー������������������������������������������������������������������������図2 Pb(鉛)の急性毒性試験結果S:相対発光強度比 [%] t:反応時間 [min]● 研究拠点つくば中央441地質分野第7会場G-23G-23

元のページ 

page 443

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です