2012年研究カタログ
433/543

■ 研究担当:吉見雅行/関口春子/堀川晴央/竿本英貴/林田拓己 ■ 活断層・地震研究センター 地震災害予測研究チーム■ 連携担当:内田利弘 長周期地震動研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●地質情報と物理探査情報を組み合わせて大規模堆積盆地の地下構造モデルを構築 ●大地震の震源過程をモデル化 ●大規模堆積盆地を襲う長周期地震動を予測 2011年東北地方太平洋沖地震は、我が国の社会・産業にとって地震が最大の脅威であることを示しました。同様な大地震である東海・東南海・南海地震は近い将来に発生するとされ、関東周辺でも大地震の発生は否定できません。地震防災を図る上で地震動や津波の予測は重要です。産業技術総合研究所では地質学・地震学・地震工学の研究者が一体となり、社会への出口を意識し、幅広い知見を融合して地震動予測の研究を進めています。 地震による揺れは地盤によって大きく異なります。特に、堆積層が厚さ数キロにも達する大規模堆積盆地では、揺れが大きく増幅されると共に、長い間揺れ続きます。産業技術総合研究所では、自らが豊富に持つ地質情報と、反射法地震探査や微動探査などの物理探査情報を組み合わせ、大規模堆積盆地の地下構造モデルを構築します。これを用い、大地震の震源過程(震源モデル)を入力とする地震波伝播計算を行って、地震動を予測します。下図は、将来の房総沖地震の地震動を予測したものです。●地震動の予測シミュレーション●微動アレイ観測等よる地下速度構造調査●地下構造モデルの構築● 研究拠点つくば中央431地質分野第7会場G-13G-13

元のページ 

page 433

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です