2012年研究カタログ
422/543

■ 研究担当:辻野匠/石塚吉浩 ■ 地質情報研究部門 地殻岩石研究グループ/層序構造地質研究グループ/火山活動研究グループ/ シームレス地質情報研究グループ/地球物理研究グループ/地質地殻活動研究グループ■ 連携担当:内田利弘 最新陸域地質図及び地球物理図研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●国土の有効利用・地質災害軽減に資する知的基盤情報である地質図幅 ●詳細な重力・磁力異常分布の把握と地殻活動域の高分解能調査 ●地盤の性質や地下構造を知るための基礎資料 人間生活は地盤の上に成り立っています。地盤の性質 (地質) は変化に富んでいますが、土壌や植生に覆われて普段は目にすることが余りありません。地質図は地質の情報を岩質・年代に基づき体系化して表した地図で、地球を理解するための情報であるとともに、地質災害軽減・土木建設・観光資源・資源探査等に利用される国土の知的基盤情報でもあります。このような社会ニーズへの対応と地質情報の体系的整備のため、各種の地質図幅が作成されています。地球物理図は重力や地磁気の空間分布を図化したもので、地球システムの理解や地下構造の推定に欠かせない情報です。 地質図のうち、全国規模で整備を進める主な地質図幅として、最新の学術知識と地質体系化に基づいて地質情報を編纂した20 万分の1 地質図幅と、独自の地質調査で得られた詳細な地質情報を高度な基礎研究に基づきまとめた5 万分の1 地質図幅を作成しています。また、主な地球物理図として、統一的尺度で日本列島をカバーする20 万分の1 重力図と、地殻活動域での高分解能調査の結果を編集した空中磁気図を作成しています。●地震被害と地盤との関連性の解析●平野下に伏在する地質構造の評価●野外における調査手法の開発・評価・講習●海底重力計による沿岸域調査●地球物理系データベースの利活用●特許4370423(H21/09/11) 「軟弱地盤及び不整地用簡易安定台」●特開 2010̶071834 水みち探査方法5万分の1地質図幅「加茂」の一部(新潟県中央部)。下部ジュラ系、上部白亜系、新第三系、更新統~完新統からなる。5万分の1地質図幅「榛名山」の一部(群馬県西部)。榛名火山(活火山)と周囲の中部中新統~下部更新統からなる。● 研究拠点つくば中央420地質分野第7会場G-02G-02

元のページ 

page 422

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です