2012年研究カタログ
391/543

■ 研究担当:山田達司 ■ 計量標準総合センター(NMIJ) ■ 連携担当:石川純 NMIJ計測クラブ研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●NMIJの計量標準の状況や国際計量活動の情報をクラブ会合にてお知らせしています ●計量標準についての様々なご意見をNMIJの活動に反映させています ●計量・計測に興味のある方はどなたでも無料で参加できます NMIJは産総研設立以来計量標準の確立に努力してきました。現在までに、ニーズに対応した様々な分野の計量標準を供給するに至り、貿易の円滑化、製造業の高品質化、研究開発の促進に寄与しています。しかし最近では環境や医療の分野でも人々の安心・安全の確保のための計量標準、更にはイノベーション加速のための基盤となる新しい計量標準も必要です。このような広い分野の計量標準の普及のためには的確なニーズの把握が不可欠です。このために一般ユーザーとの技術交流を目指して、NMIJは平成17年7月に「NMIJ計測クラブ」を立ち上げました。 NMIJ計測クラブは物理系及び化学系の12分野に渡って技術分野別に30クラブが活動しています。現在クラブ会員は1928名に達し、会員の所属する組織は928で、その内民間企業が769社です。クラブ会員に向け、「研究会、講演会や共同研究の開催」、「技術相談」、「トレーサビリティ施策、NMIJの計量標準の状況、基準認証分野や国際計量活動の情報発信」等の活動を行っています。また会員からの計量標準のニーズについてのご意見をお伺いしています。 NMIJ計測クラブは会員とNMIJの技術交流を目的にしています。NMIJ計測クラブにはどなたでも参加できます。会費は原則無料ですが、共同実験等に参加される場合は実費を頂くクラブもあります。有料の場合はその旨を活動計画に記載してあります。HP(http://www.nmij.jp/̃nmijclub/)に30クラブの詳しい活動内容を掲載しております。興味のあるクラブに是非ご入会下さい。12分野の計測クラブとクラブ会員数の推移今年7/6に大阪で開催された温度湿度クラブ● 研究拠点つくば中央389計測・計量標準分野第1会場S-34S-34

元のページ 

page 391

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です