2012年研究カタログ
389/543

■ 研究担当:加藤健次/沼田雅彦/石川啓一郎/清水由隆/羽成修康/北牧祐子/山﨑太一 ■ 計測標準研究部門 計量標準システム科 有機標準基盤研究室■ 連携担当:石川純 有機標準液:身の回りの有害物質を正確に分析するには研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●有機標準液のトレーサビリティを確保する高純度有機標準物質 ●ベンゼン等VOC類、フタル酸エステル類、アルキルフェノール類 ●バイオ燃料等の分析・評価のためのバイオエタノール標準液、硫黄分分析用標準液 環境大気、室内空気、土壌、地下水などの中のVOC類、フタル酸エステル類などの有害物質は、種々の分析装置を用いて分析されています。近年、それらの分析装置の高感度化・自動化が著しく進展しましたが、測定結果を信頼性のある分析値として報告するためには、適切で正確且つトレーサブルな標準物質が必要になります。NMIJでは、SIトレーサブルな一次標準測定法を中心とした高精度な測定法を用いて、高純度有機標準物質を開発・供給しています。これらは、NMIJ CRMとして直接ユーザーに供給されるほか、JCSS特定標準液の基準物質としても用いられています。 NMIJでは、高純度に精製された原料を、管理された雰囲気下で小分けし、候補標準物質を調製しています。この候補標準物質に対して、凝固点降下法、滴定法、定量NMR法等の一次標準測定法(準ずる手法を含む)を中心とした高精度な測定法で値付けを行い、認証値を決定しています。 また、正確に純度決定を行った原料を、質量比混合法により希釈して、正確な濃度の標準液を調製しています。 さらに、調製された高純度標準物質、標準液に対しては、均質性、安定性の確認と有効期間中の定期的な安定性モニタリングを行っています。●断熱型熱量計、示差走査熱量計等を用いた純度測定●高純度有機標準物質の不純物評価●高純度物質を原料とした有機標準液の調製●液体燃料中の硫黄分分析●バイオエタノール標準物質(水等の不純物)● 有機化合物の純度分析の国際比較: o-キシレン、アトラジン、クロロピリフォス、テオフィリン、ジゴキシン、17β-エストラジオール、アルドリン等有機標準物質の開発詳しくはCRMカタログを参照下さい。1,2-o-m-p-1,4-p,p�-, p,p�-, - , , , , , )()[]高純度標準物質:エタノール、ベンゼン、トルエン、1,2-ジクロロエタン、o-キシレン、m-キシレン、p-キシレン、ブロモホルム、ブロモジクロロメタン、エチルベンゼン、ジブロモクロロメタン、1,4-ジクロロベンゼン、アクリロニトリル、スチレン、アセトアルデヒド、フタル酸ジエチル、ビスフェノールA、他mpo有機標準液:塩素系農薬類標準液(p,p’-DDT, p,p’-DDE, γ-HCHの 濃度)、 PCB標準液(PCB 28, 70, 105, 153, 170, 194の濃度)、多環芳香族炭化水素(PAH)標準液(ベンゾ[a]ピレン濃度)p,p’p,p’γ燃料分析用標準物質:バイオエタノール(水、メタノール、S、Cuの濃度)、エタノール(純度、14C)、燃料中硫黄分分析用標準液(トルエン中のS濃度)、同ブランク溶媒(トルエン中のS濃度)熱分析用標準物質:シクロヘキサン(融点等)NMIJ認証標準物質等として一般頒布している標準物質SI高純度標準物質有機標準液(校正用濃度標準)凝固点降下法など質量比混合法秤量/希釈・混合高精度断熱型熱量計● 研究拠点つくば中央387計測・計量標準分野第1会場S-32S-32

元のページ 

page 389

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です