2012年研究カタログ
37/543

■ 研究担当:水門潤治/滝澤賢二/権恒道/須田洋幸 ■ 環境化学技術研究部門 化学材料評価基盤グループ■ 連携担当:北本大 温暖化効果の小さい断熱発泡剤の開発と評価研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●発泡特性に優れ、環境影響が低く、安全性にも優れるフッ素系発泡剤を開発 ●温暖化効果(GWP100年値)が従来品(HFC-245fa)の1/50以下 ●ウレタン発泡体を試作した結果、市販品と同等以上の優れた断熱性能を確認 断熱材は建築、冷凍・空調、運輸等種々の分野で使われており、代表的な断熱材としてウレタン系断熱材があります。発泡材の断熱性能は、発泡体の中に閉じ込める発泡剤ガスの断熱特性に大きく依存します。現在用いられているHFC-245faなどのフッ素系発泡剤は、熱伝導率が低く高い断熱性能をもちますが、GWP100年値が大きいため京都議定書における温暖化効果ガスの削減目標達成の観点から改善策が模索されています。本研究では、温暖化効果が低く断熱特性も優れた発泡剤の開発を行いました。 私たちは、フッ素系の高断熱性能、高安全性といった特長に加え、二重結合由来の低温暖化効果が期待されるフルオロオレフィンに着目して開発を行いました。様々なフルオロオレフィンを合成して評価した結果、ウレタン断熱材としての用途特性に加えて、燃焼性、環境影響、毒性などの面から非常に優れた化合物を見出しました。有力候補の一つであるcis-CF3CH=CHCF3については、製造法のローコスト化を検討し、流通式、かつ高選択率で製造可能な触媒、プロセスを開発しました。今後も実用化に向けて取り組んでいきます。●含フッ素化合物の合成技術● ガス化合物の燃焼性評価(燃焼限界、燃焼速度、着火エネルギー)●化学物質の大気中での分解速度、分解挙動謝辞: 本研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「革新的ノンフロン系断熱材技術開発プロジェクト」により行われたものです。���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������発泡剤の分類と本研究のターゲット��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������開発したフルオロオレフィンの特性● 研究拠点つくば中央35環境・エネルギー分野第5会場E-20E-20

元のページ 

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です