2012年研究カタログ
357/543

■ 研究担当:岡田浩尚/鈴木章夫/池原毅/森川善富/一木正聡 ■ 集積マイクロシステム研究センター ネットワークMEMS研究チーム■ 連携担当:綾信博 安全と環境負荷低減に貢献するMEMSセンサネット研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●センサネットワーク技術の応用手法の検討 ●安心・安全、環境負荷低減技術への適用と実用化 ●データ解析手法、低消費電力化、信頼性向上 次世代ユビキタスMEMSの中核となり得る技術開発を行うために、ネットワーク機能を有する小型センサデバイスの新規要素技術、及び応用技術の設計、製造、集積化、実装、エネルギー技術について取り組んでいます。対象としては、人工物、自然界などの環境、人間・動物等の生命体の状態で、それらのモニタリング計測と評価・制御手法をネットワーク化することで、21世紀の安心安全社会の実現に寄与する新たな技術基盤の確立に貢献します。 センサネットワーク等を駆使して環境のセンシング及びエネルギー消費最適化等を行う技術や、人間の健康管理、安全安心のための自然界・人工物のモニタリング技術を開発するとともに、製造技術そのものの省エネルギー化や環境調和化を図るため、ユビキタス電子機械システムの開発を行っています。また、センサ端末からの情報に基づいたデータ解析手法と実用化に際しての諸課題の検討について取り組んでいます。さらに、製造設計技術の信頼性向上と受動素子内蔵基板など新規のデバイス製造プロセス技術の開発にも取り組んでいます。● 特開2011-081529 「低消費電力無線センサ端末およびセンサネットワークシステム」●特開2011-152194 「生体状態解析システム」● 特開2009-147238 「誘電体構造体、誘電体構造の製造方法、圧着転写方法、及び保持構造」謝辞: 本研究の一部はJST CREST研究「安心・安全のためのアニマルウォッチセンサの開発」、新エネルギー・産業技術総合開発機構の平成18年度産業技術研究助成制度により行われたものです。���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������LSI����体表面装着タイプの無線センサ端末の開発�������������������������������������������心電図時系列による人間状態の計測評価● 研究拠点つくば東355ナノテクノロジー・材料・製造分野東会場N-98N-98

元のページ 

page 357

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です