2012年研究カタログ
345/543

■ 研究担当:岩本和世/山内真/今村聡/伊藤哲/碓井雄一/岡根利光 ■ 先進製造プロセス研究部門 基盤的加工研究グル-プ■ 連携担当:市川直樹 ものづくり支援のためのAugmented Reality(拡張現実感)研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●作業者に適切な作業指示を提示するためのディスプレイの高解像度化 ●ものづくりのための拡張現実感アプリケーションの開発 ●高度な技能を要する作業の効率化と熟練者不足の解消 熟練者でなくても高度な技能を要する作業を行えるように、作業状況に応じてものづくりデータベースやコンピュータシミュレーションから適切な作業指示を作成し、AR(拡張現実感)技術を用いてそれらを作業者に提示することによって、ものづくり支援を行うためのディスプレイシステムの開発を進めています。現状ではヘッドマウントディスプレイなどの既存のディスプレイでは作業者に提示される映像の解像度が低いことが問題になっています。本研究では、高解像度映像の取得・提示が可能なビデオシースルーディスプレイを開発することによって、より細かな組み立てやメンテナンス作業への適用を目指しています。 フルハイビジョン(1920*1080ピクセル)のディスプレイとビデオカメラから構成された高解像度ビデオシースルーディスプレイの開発を進めています。このシステムではビデオカメラで取得された実映像に適切な作業指示を重ね合わせた高解像度の合成映像を提示することができるため、作業者は部品取付け位置など、より正確な指示を受けながら作業を進めることができます。このようなシステムを用いて机上での組み立て作業などへの適用を進めています。●高解像度映像の取得および提示技術●ビデオシースルーディスプレイシステム構築●拡張現実感技術を用いたものづくり支援��������������������������������������������������作業対象物へのペグ挿入作業���������������������������������������������������作業者から見える映像作業者から見られない穴位置がCGで提示されている● 研究拠点つくば東343ナノテクノロジー・材料・製造分野東会場N-86N-86

元のページ 

page 345

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です