2012年研究カタログ
343/543

■ 研究担当:澤田浩之/徳永仁史/古川慈之 ■ 先進製造プロセス研究部門 製造情報研究グループ■ 連携担当:市川直樹 製造業のIT化を推進するソフトウェア開発ツールMZ Platform研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●ITシステムを従来の半分以下の期間で自社開発できます ●ITシステムの開発に際して、プログラムを書く必要はありません ●現場の要望に合わせて、ITシステムを簡単に修正できます 製造業において、業務改革を推進し競争力の維持向上を図るためには、IT化への取り組みが不可欠であると広く認識されています。しかし、特に中小企業では、ITシステムの開発や導入、運用のための負担が企業規模に比べて非常に大きく、IT化を進めることができないというケースが多く見られます。本研究開発のねらいは、ITの専門家ではない中小製造業の技術者が、高度なプログラムの知識を必要とせずに自らITシステムを構築・運用できるようにすることで、IT化の推進によるものづくり力の強化に貢献することです。 MZ Platformは、コンポーネントと呼ばれるソフトウェアの部品を組み合わせてITシステムを作り上げるツールです。従来、ITシステムを開発するためには、IT知識を身につけてプログラムを書くことが必要でした。MZ Platformでは、様々な機能を持ったコンポーネントがあらかじめ用意されていますので、プログラムを書くことなく従来よりもはるかに容易にITシステムを開発できます。また、付属の拡張用ソフトウェアを利用することで、現場機器と連携したシステムやWebアプリケーションも構築できます。●生産管理等業務用ITシステムの開発● 特許第4392490号 (2009/10/23)「コンポーネントバスシステム及びコンポーネントバス用プログラム」●技術移転契約(商用ライセンス契約)締結企業12社謝辞: 本研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ものづくり・IT融合化推進技術の研究開発」および「中小企業基盤技術継承支援事業」により行われたものです。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������� ����������������� コンポーネントの組み合わせによるシステム開発Web�����������������������������������������������������������������������������������������Java����������������������������������������������������Web��������������������������������������������������������Web��������������������������������API������������������������������������������������������������������������C/C++�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������付属ソフトウェアを利用したシステムの拡張● 研究拠点つくば東341ナノテクノロジー・材料・製造分野東会場N-84N-84

元のページ 

page 343

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です