2012年研究カタログ
34/543

■ 研究担当:北本大/羽部浩/福岡徳馬/佐藤俊/根岸秀之/井村知弘/森田友岳/池上徹/榊啓二 ■ 環境化学技術研究部門 バイオケミカルグループ■ 連携担当:北本大 バイオベース化学品の開発:製造技術の高度化と用途開拓研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●再生可能なバイオマスから光学活性D-グリセリン酸のバイオ生産技術 ●生物活性化学品・多官能性を活用した誘導化学品への応用展開 ●バイオディーゼル燃料製造副生成物の有効利用技術 循環型社会の実現のため、枯渇性資源である石油を原料とする化学品の製造技術に代わり、再生可能なバイオマスを原料に製造可能なバイオベース化学品製造技術の開発が進められています。また、バイオ燃料の利用拡大に伴い、製造時の副生成物の有効利用技術開発も課題となっています。本研究では、バイオディーゼル燃料製造過程で副生するグリセリンを原料として、光学活性なD-グリセリン酸を効率的に製造する技術、および得られたD-グリセリン酸の利用技術の開拓を行いました。 D-グリセリン酸の製造技術開発では、高濃度グリセリン(20%以上)を効率良くグリセリン酸に変換する酢酸菌の探索および発酵プロセスの最適化を進め、発酵液1 L当たり100 g以上の高効率生産を達成しました。 発酵液からのD-グリセリン酸の精製は、分離膜の活用および晶析法の組み合わせにより簡素化・低コスト化し、高純度カルシウム塩の取得を可能にしました。また、得られたD-グリセリン酸は、細胞賦活化剤や酵素阻害剤に加え、ポリエステル改質剤や高機能界面活性剤などへ展開可能であることを見出しました。● 特願2008-307113 (2008/12/02)「グリセリン酸塩の製造方法」、特願2011-100301(2011/04/28)「アルコール損傷細胞賦活化剤」、特願2011-121792(2011/05/31)「アニオン性界面活性剤」謝辞: 本研究の一部は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成20年度産業技術研究助成事業および経済産業省受託研究「日米エネルギー環境技術研究・標準化協力事業(日米クリーン・エネルギー技術協力)」による支援を受けて実施したものです。����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������D-グリセリン酸の製造プロセスと用途展開● 研究拠点つくば中央32環境・エネルギー分野第5会場E-17E-17

元のページ 

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です