2012年研究カタログ
339/543

■ 研究担当:小倉一朗 ■ 先進製造プロセス研究部門 マイクロ加工システム研究グループ■ 連携担当:市川直樹 マイクロプレス用小型高速トランスファ機構研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●マイクロプレスによる材料歩留まりの高いミリメートルサイズの微小部品製造を実現 ●試料の横置き・反転置きによる従来の順送りプレス加工では不可能な高付加価値加工の実現 ●機構学的工夫により少ないアクチュエータでワークの把持と回転搬送動作を実現 マイクロプレスはマイクロファクトリの概念を具体化した工作機械の一例です。これまでのマイクロプレスは順送りプレス加工を採用していたため、製品以外の大部分が廃棄され材料歩留りが悪いという問題がありました。そこで本研究ではマイクロプレス機の動作に同期する小型トランスファ機構を試作し、予め製品サイズに切り出した素材を順次搬送・加工することで材料歩留まり向上を目指します。さらに順送りプレス加工では不可能な横置き・反転置き搬送を少ないアクチュエータで実現し、打ち抜き方向の異なる高付加価値加工の実現を図ります。 トランスファプレス加工では、加工部品の確実な把持と次工程への移動設置動作を繰り返し行う必要があります。そこで本研究では、右図に示すようなトランスファ動作を行うシステムを開発し、毎分60回の速度、99%以上の成功率を達成することを目標としています。その要素技術として、把持ミス検出機構を備えたハンドの試作や、マイクロ部品を搬送するテストベンチの開発を行っています。開発した搬送システムはピニオン・ラックやスライダなど機構学的工夫に基づいた把持・回転搬送・設置解放機能を持ち、実験によりワークの安定な搬送を確認しました。このシステムを発展させ、複雑形状部品に対しプレス打ち抜き方向の異なる高付加価値加工を実現します。●オンデマンドプレス加工システムの実用化●マイクロ搬送システムおよび把持検出機構の実用化● 特許出願情報 2011-221737 (2011/08/31)「把持検出センサ」● 特許出願情報 2012-043373 (2012/01/19)「反転設置機構」● 特許出願情報 2012-150464 (2012/05/23)「把持機構」謝辞: 本研究は、(独)科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業 フィージビリティスタディ シーズ顕在化タイプ(平成22年度~23年度)により行われたものです。�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������搬送システムの実際の運用概要������������������������������������������������������������������������ワーク把持・回転搬送・設置解放の様子● 研究拠点つくば東337ナノテクノロジー・材料・製造分野東会場N-80N-80

元のページ 

page 339

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です