2012年研究カタログ
328/543

■ 研究担当:畠賢治 ■ ナノチューブ応用研究センター スーパーグロースCNT用途開発チーム ■ 連携担当:畠賢治 単層CNTの量産技術・用途・素子・複合材料開発̶スーパーグロースカーボンナノチューブの展開̶研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●スーパーグロース法による単層カーボンナノチューブの合成と応用 ●実証プラントにおける単層カーボンナノチューブの工業的量産技術開発・試料提供 ●カーボンナノチューブの優れた特性を活かした用途開発(素子、複合材料) 単層カーボンナノチューブ(CNT)の工業的大量生産に向けて、スーパーグロース(SG)法をコア技術とした、経済的なCNT大量合成技術開発を行っており、実証プラントにおける生産によって、100g-1kg単位でのサンプル提供を開始いたしました。またスーパーグロース単層CNTの優れた特性(導電性・高比表面積・機械的柔軟性・配向性など)を活かし、単層CNTの実用化を目指した用途開発を行っております。本展示では量産、用途開発、デバイス、複合材料等のシーズを公開し、ニーズある企業様との接点を設けたいと考えております。 SG法によって製造される単層CNT構造体の機能探索を行うとともに、その機能を駆使した新しい単層CNTの部材開発を行っています。高伝導率・高機械耐久性を併せ持つ導電性ゴム材料、金属チタンに匹敵する熱伝導率をもちながらゴムとしてのフレキシブル性を保持している単層CNT/CF/ゴム複合材料、ごく少量の単層CNTを添加して作った導電性樹脂、そして「柔らかいCNTひずみセンサー」の開発を行い、さらなるCNTの実用化・産業化研究を進めていきます。また実証プラントにおける量産技術開発や技術研究組合(TASC)での用途開発の現状についても紹介いたします。● SG法によるCNTの優れた特性・品質を保てる分散技術、ならびに樹脂やゴムとの成形加工複合化● SG法によるCNTウエハーを用いた集積三次元CNTデバイス技術謝辞: 本研究は、経済産業省およびNEDOの「低炭素社会を実現する超軽量・高強度革新的融合材料プロジェクト」、JSTのCRESTプロジェクト「自己組織プロセスにより創製された機能性・複合CNT素子による柔らかいナノMEMSデバイス」により行われたものです。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������スーパーグロースCNTの量産化・用途開発● 研究拠点つくば中央326ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-69N-69

元のページ 

page 328

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です