2012年研究カタログ
326/543

■ 研究担当:斎藤毅/桒原有紀/大森滋和/仲野瞬 ■ ナノチューブ応用研究センター 流動気相成長CNTチーム■ 連携担当:斎藤毅 カーボンナノチューブ(CNT)によるエレクトロニクス材料創製研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●CNTの各種部材への加工によるエレクトロニクス応用の創製 ●CNT合成時での直接紡糸による導電性CNTワイヤー作製技術 ●印刷トランジスタや透明導電膜用のCNTインク材料など CNTは、軽量で電子特性に優れ化学的に安定なナノテクノロジーを代表する先端材料であることから、金属よりはるかに軽い導線材料として、あるいは従来のシリコンデバイスでは困難なプラスチックフィルム上に印刷技術で製造されるフレキシブルなトランジスタとしてなど、幅広いエレクトロニクス分野において応用される次世代材料としての実用化が期待されています。本研究ではCNTの軽量で高機能という特徴を生かした全く新しいアプリケーションの創製を目指し、それらに資する各種部材にCNTを加工する技術の開発を行ってきました。 本研究では、精密な直径制御合成が可能で結晶性の高い超高品質CNT量産技術である改良直噴熱分解合成法(eDIPS法)において、合成時に直接紡糸あるいは成膜を行うCNT部材加工技術を紹介するとともに、合成時直接加工によって製造された導電性CNTワイヤーを展示します。また、eDIPS法で製造した高品質CNTを溶媒に分散した、未分離型、金属型および半導体型のCNTインクと、これらの塗工によって製造した透明導電膜やCNT薄膜トランジスタ、ポリマー溶液中にCNTを分散させて湿式紡糸したCNT含有繊維材料なども併せて展示します。●高結晶性で直径が制御された単層CNT試料の提供●CNTの薄膜化や紡糸技術、物性評価技術謝辞: 本研究の一部は、JSTさきがけ研究、NEDO「低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト」およびNEDO産業技術研究助成「短尺カーボンナノチューブの創製とCNTトランジスタへの展開」の成果です。合成時直接紡糸によるCNTワイヤー製造技術● 研究拠点つくば中央324ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-67N-67

元のページ 

page 326

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です