2012年研究カタログ
324/543

■ 研究担当:秋山陽久1/吉田勝1/則包恭央2/阿澄玲子2 ■ ナノシステム研究部門 スマートマテリアルグループ1/ 電子光技術研究部門 メゾ構造制御グループ2■ 連携担当:太田敏隆 光でとける有機材料:光で液化固化する材料の接着剤応用研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●室温で光により固体・液体転移する新奇な材料を開発 ●光照射のみで基材の接着と脱着が可能な新しい接着剤に利用 ●機械的・熱的な衝撃を与えずくっつけて剥がせる特性 製品およびその製造プロセスにおける省エネルギー・省資源化を実現するための要素技術の一つに接着技術があります。接着剤には様々なタイプがあり、用途によって使い分けられています。これまで、接着・脱着の際に、熱をかけたり、溶媒に暴露したり、力で引き剥がしたりしなければなりませんでした。今回、光で自由に接着と脱着ができる従来にない接着剤の開発を目指しました。これにより衝撃を与えずに各パーツに分解してリサイクルする技術の確立、接着面のつけ直しによる歩留まり向上、非熱低温製造プロセスの実現などが期待できます。 光異性化を起こすアゾベンゼン部位を鍵官能基として、光の作用のみで液体状態と固体状態を行き来する材料を初めて見出し(図1)、この材料に接着能力があることを証明しました(写真1)。この材料は、糖アルコールの複数の水酸基全てをメソゲン性のアゾベンゼンで置換した構造を有しています。室温下では固体ですが、紫外線を照射すると分子構造の変化に伴い液体に転移し、可視光を照射すると初期構造を回復して固体に戻ります。室温で液化と固化ができるため、接着剤として熱に弱い基材にも使用でき、光を当てるだけで何度でも接着と脱着ができます。●試料提供(有償)、関連物質の共同開発● 特願2008-086903(2008/03/28)「糖アルコールエステル又はエーテル、コレステリック液晶添加剤、液晶組成物及び表示素子」、特願2010-132527 (2010/06/10) 「光で化合物を流動化・非流動化させる方法」、特願2012-106180 (2012/05/07)「光応答性接着剤」謝辞: 本研究の一部は科研費(21550142)の助成を受けたものです。図1. 紫外光で液化、可視光で固化写真1.ガラス接着の様子● 研究拠点つくば中央322ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-65N-65

元のページ 

page 324

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です