2012年研究カタログ
319/543

■ 研究担当:竹林良浩/依田智 ■ ナノシステム研究部門 ナノケミカルプロセスグループ■ 連携担当:太田敏隆 機能性色素の連続合成のための高温高圧マイクロリアクターの開発研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●機能性色素を効率的に合成するための流通型装置プロセスを開発 ●「高圧」を利用して、溶媒の沸点以上での高温反応を可能に ●「マイクロ流路」を利用して、反応温度への急速加熱を実現 機能性色素や有機電子材料の中には、芳香環が多数つながった形の化合物が数多くあります。これらの分子を合成するには、パーツとなる分子をつなぎ合わせ、環構造を作っていく必要があります。しかし、こうした反応の中には、非常に高い温度を要するものが多くあり、従来的な手法では、使える溶媒が限定されたり、加熱に長い時間がかかり副反応が生じるといった問題がありました。本研究では、高圧技術とマイクロ流路を組み合わせて、これらの問題を解決し、効率的かつ連続的に機能性色素を製造できる装置プロセスを開発しています。 高温高圧条件で使用可能なマイクロ反応装置を開発し、機能性色素の合成への適用を進めています。高圧下では、沸点による制約を受けずに、溶媒の種類や反応温度を設定できます。また、マイクロ流路内では、急速な加熱や反応温度・反応時間の精密制御が可能となり、再現性よく、高選択的に反応を進めることができます。 本装置手法を、キナクリドン色素の合成における環構築反応に適用した例を示します。反応温度を290℃まで上げることにより、反応が数分以内に完了し、目的生成物が連続的に得られることを実証しました。● 機能性化合物の合成における各種高温反応(環化反応や縮合反応など)の高効率な連続プロセス化と、そのための装置開発������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������高温高圧マイクロリアクターの装置構成と適用例● 研究拠点つくば中央317ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-60N-60

元のページ 

page 319

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です