2012年研究カタログ
310/543

■ 研究担当:尾村直紀/多田周二 ■ サステナブルマテリアル研究部門 凝固プロセス研究グループ■ 連携担当:粂正市 凍結鋳造による軽量金属の湯流れ性改善研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●凍結固化した砂型を用いた鋳造技術の開発 ●凍結鋳型による湯流れ性向上メカニズムの解明 ●粉塵・騒音・産廃等の発生を抑制し作業環境を大幅に改善 凍結鋳型は作業環境・地域環境への負荷が非常に小さいことから近年注目を集め、鋳鉄や青銅鋳物において実用化が始まっています。従来の砂型に比べ凍結鋳型では溶湯の湯流れ性が向上するといった報告がなされていますが、その理由はまだ明らかにされていません。本鋳型を用いた鋳造プロセスの利用を広く進めるためには本鋳型に適した鋳造方案の確立が重要であり、そのためには鋳型内における湯流れ特性を明確にする必要があります。そこで本研究では、凍結鋳型において従来の砂型よりも湯流れ性が向上するメカニズムの解明に取り組んでいます。 凍結鋳型および生型を用いてアルミニウム合金・マグネシウム合金の湯流れ試験を行い、流動長・湯流れ速度・冷却速度等の評価を行いました。どちらの合金も生型に比べ凍結鋳型において流動長が30~40%程度長くなりました。また、凍結鋳型に含まれる水分量が少なくなるにつれて、流動長は長くなる傾向が見られました。鋳型の種類や鋳型中の水分量の違いによる湯流れ速度の大きな違いは見られませんでした。しかし、流動中の溶湯の冷却速度は凍結鋳型の方が生型よりも遅く、また鋳型中の水分量が少ないほど遅くなることが分かりました。●凍結鋳型および凍結中子の作製技術●凍結鋳型を用いた各種合金の鋳造技術● 特開2009-66640(H21/04/02)「鋳造用凍結鋳型およびその製造方法」● 特開2010-247216(H22/11/04)「凍結鋳型の製造方法」● 特願2012-011413(H24/01/23)「凍結中子の製造方法および材料」���������������������������������������������������������������図1 凍結鋳型による鋳造プロセスイメージ����������������������������������������図2 湯流れ試験結果(左;Al合金 右;Mg合金)● 研究拠点中部センター308ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-51N-51

元のページ 

page 310

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です