2012年研究カタログ
309/543

■ 研究担当:尾崎公洋/高木健太/中山博行 ■ サステナブルマテリアル研究部門 相制御材料研究グループ■ 連携担当:粂正市 重希土類元素フリーSm-Fe-N焼結磁石の特性研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●重希土類元素のジスプロシウムを使わない、非ネオジム系磁石 ●ネオジム磁石より優れた耐熱性・耐酸化性 ●異方性化への挑戦 エコ家電や、ハイブリッド自動車などに使用される高性能な省エネルギーモーターにはネオジム磁石(Nd-Fe-B磁石)が必要です。モーター特性を向上させるためには重希土類元素であるジスプロシウム(Dy)を添加する必要がありますが、資源の問題からDyを使用しない高性能な磁石の開発が急務です。そこで、世界中に広範囲で確保できる軽希土類元素のSmを使用したSm-Fe-N磁石を高性能化し、Dyへの依存を少なくすることを目的としています。さらに、ネオジム磁石より優れた特性を見出すことによって、ネオジム磁石とは違う用途開発も目的としています。 高加圧パルス通電焼結技術により作られるSm-Fe-N等方性焼結磁石は高密度であるため、市販ボンド磁石の約1.3倍となる135J/m3(17MGOe)の最大エネルギー積(BH)maxを有しています。また、樹脂を含まない焼結磁石はSm-Fe-N本来の優れた耐熱性を活かすことができます。従来、Sm-Fe-N磁石はネオジム磁石より耐熱性・耐酸化性に優れると言われていましたが、始めてその特性を確認することができるようになりました。これまでに、加熱下ではNd-Fe-B系磁石に匹敵する磁石特性を発現することを見出しています。現在、異方性化に向けて研究を進めています。●低温高密度焼結技術●高速焼結技術●粉末合成・非平衡合金化技術●各種材料特性評価● 特許出願情報:特許4302498「等方性磁石の製造方法およびその磁石」�������������������������������������高加圧パルス通電焼結法の概略図と内部写真������������������������������������������������������������������������������������耐熱性評価:加熱後の磁束密度の比較● 研究拠点中部センター307ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-50N-50

元のページ 

page 309

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です