2012年研究カタログ
299/543

■ 研究担当:三木健/粕谷亮/尾崎利彦/多井豊 ■ サステナブルマテリアル研究部門 物質変換材料研究グループ■ 連携担当:粂正市 ディーゼル酸化触媒における白金族低減化技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●将来的に供給が懸念される、ディーゼル酸化触媒における白金族使用量を大幅に低減 ●耐熱性アルミナ担体を用いて、白金族の凝集を防止 ●開発触媒において、白金族使用量40%削減を達成 自動車排ガス規制の強化と世界的な自動車数の増加により排ガス浄化用触媒に使用される白金族の将来的な供給不足が懸念され、白金族金属の使用量を低減した排ガス浄化触媒の開発が求められています。本研究では、ガソリン車向け三元触媒に比べて取り組みが遅れているディーゼル排ガス浄化触媒に関し、白金族使用原単位を50%以上低減する基盤技術の開発を目指しています。現行の触媒には、長時間使用後における白金族の凝集による活性低下を補償するため白金族元素を多量に担持しています。従って、白金族の凝集を抑制することが使用量削減の鍵となります。 アルミナクリオゲル担体は、その骨格内部に白金族粒子を強固に担持できるため、触媒の耐久性を向上させることができます。図1に長時間耐久(750℃、50h)後のPt/アルミナクリオゲルの炭化水素酸化活性を示します。市販担体を用いた場合に比べて、非常に高い活性を示すことが分かります。また、耐熱性の高い複合化ナノ粒子を多孔性担体に担持することにより、長時間耐久後の触媒性能劣化を抑制することが可能です。このような設計指針に基づいて開発した触媒で、白金族使用量40%削減を達成することができました (図2) 。● 特許出願情報:特願2010-094060 (2010/04/15)「多孔質触媒および多孔質触媒の製造方法」、特願2010-094063 (2010/04/15)「多孔質触媒担体および多孔質触媒担体の製造方法」、他2件謝辞: 本研究は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、希少金属代替技術開発プロジェクト「排ガス浄化向け白金族使用量低減技術開発及び代替材料開発」の一環として行われました。図1 Pt/アルミナクリオゲルの炭化水素酸化活性�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図2 開発触媒(白金族40%減)の性能試験● 研究拠点中部センター297ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-40N-40

元のページ 

page 299

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です