2012年研究カタログ
295/543

■ 研究担当:吉村和記/田嶌一樹/山田保誠 ■ サステナブルマテリアル研究部門 環境応答機能薄膜研究グループ■ 連携担当:粂正市 調光ミラーガラス及びフィルムの開発研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●透明から鏡状態に変化することで太陽光を効果的に遮ることのできる調光ガラスを開発 ●大型ペアガラスが透明状態と鏡状態にスイッチングできるガスクロミック調光ミラー ●電気的に透明状態と鏡状態にスイッチングできるエレクトロクロミック調光ミラー 窓ガラスの省エネルギー性能は、その断熱性能と遮熱性能によって決まりますが、夏の冷房負荷を下げるためには、遮熱性能が特に重要です。産総研では、従来のガラスよりも格段に優れた遮熱性能を持つ新しい調光ガラス「調光ミラーガラス」の開発を行っています。「調光ミラー」は透明状態と鏡状態もしくはその中間状態に自由にスイッチングできる新しい材料で、建物や自動車の窓ガラスに用いると冷房負荷を下げ、大きな省エネルギー効果を得ることができます。 産総研では、優れた調光特性を持つ調光ミラー材料として、薄いパラジウムでキャップされたマグネシウム合金薄膜を用いた調光ミラーを開発しました。 調光ミラーのスイッチング方法には二種類ありますが、ガスクロミック調光ミラーは大型のガラスに適しており、建物の窓として用いると高い省エネルギー性能を発揮することを実証しています。もう一つのエレクトロクロミック調光ミラーは、電気的に透明/鏡状態をスイッチングできるもので、利便性に優れています。また、このエレクトロクロミック調光ミラーは、ガラス基板のみならず、柔軟なプラスチックシート上に形成することもできるので、幅広い用途へ応用可能です。●窓ガラスの省エネルギー性能の評価● 特許3968432「マグネシウム・ニッケル合金薄膜を用いた調光ミラーガラス」● 特開2009-025785「バッファ層を有する全固体型反射調光エレクトロクロミック素子及びそれを用いた調光部材」謝辞: 本研究の一部は、NEDO産業技術研究助成事業「調光ミラー複層ガラスの省エネルギー効果の評価手法の開発、及び省エネルギー効果を最大にするように光学特性を最適化した調光ミラーの作製」及び「高効率成膜プロセスを用いた機能性酸化物薄膜の開発および調光ミラーデバイスへの応用と優れた耐環境性能を有する構造開発」の助成で行われました。実サイズガスクロミック調光ミラー窓ガラス������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������エレクトロクロミック調光ミラーデバイス● 研究拠点中部センター293ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-36N-36

元のページ 

page 295

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です