2012年研究カタログ
291/543

■ 研究担当:中村挙子 ■ 先進製造プロセス研究部門 フレキシブル化学コーティング研究グループ■ 連携担当:市川直樹 機能性材料・生体材料への表面化学修飾ナノコーティング技術開発研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●各種官能基による安全・簡便な化学ナノコーティング技術 ●特性付与:撥水性・低摩擦特性・親水性・生体分子固定・金属固定 ●応用分野:機能性材料・生体医療材料・環境応用・分析応用 フッ素ガス・オゾン・強酸等の有毒ガスおよび有害試薬を使用せず、温和で簡便な化学修飾反応を利用した化学ナノコーティング技術を提供します。材料表面への各種官能基修飾により、撥水性・低摩擦特性・親水性・生体分子固定・金属固定・不斉認識等の特性を付与することが可能です。機能性材料(砥粒・金型離型材・導電性グリース・ナノインプリント)・生体医療材料(生体分子固定・人工関節・MRI造影剤)・環境応用(抗菌剤・環境汚染浄化剤)・分析応用(表面増強ラマン試料)など幅広いアプリケ-ションへの展開を目指しています。 フッ素含有アゾ化合物、単体硫黄、過酸化水素水などの光分解反応や各種有機化学反応を用い、カーボン系材料(ダイヤモンド、ダイヤモンドライクカーボン[DLC]、カーボンナノチューブ[CNT]など)および各種ポリマー材料表面上に各種官能基を温和で簡便に化学ナノコーティングすることが可能となりました。コーティング手法としてウェットおよびドライ両プロセスを開発しており、薄膜・粉体・ナノ粒子・固形物等の幅広い基材の形状に対応可能です。基材のバルク特性を維持しつつ、表面層のみ異なる機能を付与することに成功しています。●カーボン系およびポリマー材料の各種表面官能基化技術●各種表面官能基化材料の特性評価● 特許第3837567号(2004/01/16)「カーボンナノチューブおよびその製造方法」● 特許第4512744号(2010/05/21)「DLC膜の表面処理方法」謝辞: 本研究の一部は、科研費(20560029)の助成を受けたものです。各種官能基による化学ナノコーティング表面官能基化材料のアプリケーション● 研究拠点つくば中央289ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-32N-32

元のページ 

page 291

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です