2012年研究カタログ
281/543

■ 研究担当:堀田幹則/近藤直樹 ■ 先進製造プロセス研究部門 セラミック機構部材プロセス研究グループ■ 連携担当:飯田康夫 省エネ接合による長尺セラミックパイプ製造技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●従来困難であった大型のセラミック部材を省エネ接合で製造 ●一体型セラミック部材と同等の諸特性を有する接合部材を実現 ●長尺化したセラミックパイプを製造用途に供することで、省エネと品質向上をめざす 自動車部品や液晶半導体等の製造に使用されるセラミック部材には、大型化と機能向上が強く求められています。特に、管材は各種製造分野で幅広いニーズがあり、長尺のセラミック管を製造ラインに用いることで、生産の効率化・高品質化が期待できます。しかし、セラミックの長尺管を従来の一体型として製造するには限界があります。また、管材製造の際の省エネやコスト低減も要求されます。これら課題を解決するため、セラミック管を局所加熱で接合・一体化することで、従来困難であった長尺のセラミック管を省エネで製造する技術を開発しています。 開発した局所ヒーター加熱接合炉を用いて、窒化ケイ素パイプ同士の接合部近傍のみを局所的に加熱し接合することで、右図に示すように、全長3mの窒化ケイ素長尺パイプを作製することに成功しました。被接合材の窒化ケイ素と同様な組織や組成からなる接合部を形成させることによって、被接合材と同等の機械的、熱的、化学的特性を持つ窒化ケイ素接合部材を実現しました。高温や腐食等の過酷な環境下、また粉流体に対する優れたシール性が要求される部材において、窒化ケイ素大型管状部材の応用展開が期待されます。●セラミック管材接合部の非破壊検査技術の開発●各種用途展開に向けたセラミック接合部材の耐久性評価●特許出願情報 出願中謝辞: 本研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、経済産業省からの委託を受けた「革新的省エネセラミックス製造技術開発プロジェクト」(H21-H25)の一環として実施されたものです。���������������������������������試作した窒化ケイ素セラミック長尺パイプ● 研究拠点中部センター279ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-22N-22

元のページ 

page 281

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です