2012年研究カタログ
280/543

■ 研究担当:川本徹/伯田幸也/田中寿/高橋顕 ■ ナノシステム研究部門 グリーンテクノロジー研究グル-プ■ 連携担当:太田敏隆 ナノ粒子によるCs除染研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●Cs吸着剤であるプルシアンブルー等をナノ粒子化、性能向上 ●原子力発電所事故による放射性Cs環境汚染の改善に貢献 ●材料開発からプラントまで一貫開発、様々な汚染物の処理に適用 2011年3月の福島第一原発事故により、放射線セシウム除染が喫緊の課題となっています。一方、合成顔料として300年以上の歴史を持つプルシアンブルー(PB)は、セシウム(Cs)を高効率かつ選択的に吸着するCs吸着材として知られています。我々は、このPBをベースに、原子スケールでの材料開発による吸着材高性能化からプラントスケールでの実証試験までを一貫した開発を進め、放射性セシウム除染技術を確立します。 原子レベルでは金属元素置換によるアルカリ環境下での耐久性向上や、電気化学的なCs吸脱着による再利用可能な材料開発を進めています。nmスケールではナノ粒子化による表面積増大、μmスケールでは造粒や不織布担持といった形態最適化を進めています。さらに、土壌、焼却灰、水など、それぞれの汚染物に合わせた除染方法を開発し、プラントスケールでの実証試験を行っています。例えば、植物の焼却灰の場合、灰を水洗しCsを灰から抽出した後、その洗浄水をPB吸着材で除染する方法を開発しています。●環境中に飛散した放射性セシウムの除染技術●原子力発電所で生じる廃液からの放射性セシウム回収謝辞: 本研究の一部は、平成23年度国土交通省委託事業、平成23年度除染技術実証試験事業、平成23年度除染技術実証事業、平成23年度原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブにより実施され、また、一部は関東化学株式会社、郡山チップ工業株式会社、東電環境エンジニアリング株式会社との共同研究によるものです。�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図1.PB及びその置換体からなるCs吸着材図2.下水汚泥焼却灰除染用小型プラント● 研究拠点つくば中央278ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-21N-21

元のページ 

page 280

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です