2012年研究カタログ
275/543

■ 研究担当:山口十志明/鷲見裕史/藤代芳伸 ■ 先進製造プロセス研究部門 機能集積モジュール化研究グループ■ 連携担当:飯田康夫 可搬型ポータブル電源研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●ナノテクノロジーを利用した固体酸化物形燃料電池(SOFC)での低温作動技術の開発 ●ポータブルSOFC電源の実現を加速する急速起動技術の開発 ●カセットコンロ用ガス等を用い、未改質で直接発電が可能な燃料電池ユニットの開発 災害、緊急時においての電源確保は重要です。プロパン、ブタンなどの汎用的な燃料を利用して、最も効率の高い(限られた燃料で長時間使用可能な)電源がSOFC技術にて実現可能になります。産総研では、機能性セラミック電極等の機能̶構造制御技術やセルースタック化に必要な集積モジュール化技術等を開発してきました。新たな産業ニーズを考え、より運転条件を幅広くする事や、数Wから数百Wまでのモジュール設計が可能で、騒音がほとんどないことで様々な環境での適用性を広げるための研究開発を行っています(図1)。 ナノ材料を燃料電池部材に適用することで、SOFC発電性能を向上し、また、多燃料利用時の作動温度を低減しました。 図2のような、急速起動が繰り返し可能なSOFC発電モジュール構造を開発しました。● 機能性セラミック電極等を活用するマイクロSOFC等セラミック電池の集積モジュール製造技術● 特開2011-096617「触媒層を付加したチューブ型電気化学セル及びそれらから構成される電気化学反応システム」 等図1 ポータブル電源としてのSOFCの利点図2 200W SOFCモジュールとセル電極構造・マイクロチューブセル・フラットハニカム構造セル外観● 研究拠点中部センター273ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-16N-16

元のページ 

page 275

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です