2012年研究カタログ
273/543

■ 研究担当:鈴木良一/伊藤寿浩/市川直樹 ■ 計測フロンティア研究部門/集積マイクロシステム研究センター/先進製造プロセス研究部門■ 連携担当:石川純 小型放射線量計研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●日常で携帯し1年以上続けて使える警告機能付き小型放射線量計 ●パソコンで簡単に日々の被ばく量(積算線量)を把握できる ●無線通信機能を組み込むことで効率的な全量校正の実現に展開可能 東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、各個人(特に児童・生徒)がどの程度の放射線被ばくを受けているか、生活の中でどのような場合に被ばく線量が高いかを知りたいというニーズが高まっています。 個人用の放射線量計を一人一人が携帯し、日々の放射線被ばく量を自宅などで手軽に知り把握することができれば、不要な放射線被ばくを避けることが可能となります。このことから、日常生活で使用するための小型、軽量、信頼性の高い線量計測、安価な放射線量計が望まれています。● 産総研で開発した個人向け小型放射線量計は、装着負担を軽減し、わずらわしい電池交換を極力減らすことに成功しました。現在、開発の最終段階として、信頼性の高い計測のための実証試験を行っています。(右図上)● 低消費電力の近距離無線通信機能を小型放射線量計に搭載し、スマートフォンを使って日常生活での放射線量記録を簡単に見ることができるシステムを試作しました。また、無線の利用による全量校正システムの開発に着手しています。(右図下)● 小型放射線量計のセンサーを利用し、GPSによる位置測定機能と合わせる事で、徒歩などによる移動経路での放射線量率を簡便に計測・表示できるシステムを試作しました。(右図下)● 特願2012-027268(2012/02/10)「携行型放射線線量計」● 特願2012-027314(2012/02/10)「携行型放射線線量計及びこれを使用した放射線量管理システム」謝辞: 無線による全量校正は、JST「先端計測分析技術・機器開発プログラム」により実施されています。����������� ����� ������������ �������������� ����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������開発した小型放射線量計、仕様、及び表示イメージ�������������� ����������� GPS���������������� 無線通信やGPS機能を搭載した小型放射線量計● 研究拠点つくば中央つくば東 271ナノテクノロジー・材料・製造分野第6会場N-14N-14

元のページ 

page 273

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です