2012年研究カタログ
26/543

■ 研究担当:北本大 ■ 環境化学技術研究部門■ 連携担当:北本大 新世紀の化学反応とプロセス研究のポイント研究のねらい研究内容 ●有限資源から循環型資源への原材料転換 ●環境負荷物質排出の最小化 ●エネルギー効率の向上・温室効果ガス排出量削減 科学技術の発展は人類に夢を与え、産業技術の進歩は人類の生活を豊かにしてきました。一方、技術の進歩により活発化した人類の生産および消費活動が与える環境負荷は加速度的に増大し、現代では環境容量を超える危険性を示しつつあります。このような状況下、環境化学技術研究部門では、持続可能性社会の実現に資するグリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)を基本コンセプトに、革新的な化学技術の研究開発に取り組んでいます。 本研究部門では、持続発展社会を実現するために、長期的視野も取り入れてGSCをより広くとらえ、「環境共生化学」として以下の技術課題に関する産業技術の研究開発を進めています。 1)再生可能資源を利用する材料・プロセス技術 2)環境負荷物質の排出を極小化する反応・プロセス技術 3)化学プロセスの省エネ化を可能とする分離技術 4)産業の環境負荷低減をはかるレーザー化学技術 5)先端化学材料の共通的な評価技術これらの課題に対する最終ゴールは、再生可能資源を用いて環境負荷となる廃棄物を生み出すことなく、また最小のエネルギー使用量で選択的に目的製品を製造する技術の開発と考えています。一方、現在の産業技術体系は膨大な既存の開発技術の蓄積に基づいているため、産業技術の転換には莫大なコストと長期にわたる新技術導入期間が不可欠な状況となっております。私たちは、短・中期的観点からの既存産業の環境負荷低減技術およびエネルギー効率向上技術の研究開発と、長期的観点からの上記最終ゴールを目指す画期的産業技術の研究開発とを組み合わせて、化学および化学工学の展開が大きな役割を果たす研究開発を進めています。��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������バイオマスリファイナリー�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)● 研究拠点つくば中央24環境・エネルギー分野第5会場E-09E-09

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です