2012年研究カタログ
24/543

■ 研究担当:平田悟史/榊啓二/井上誠一/石川一彦/星野保 ■ バイオマスリファイナリー研究センター 成分分離チーム/酵素利用チーム/微生物変換チーム■ 連携担当:矢野伸一 バイオマスリファイナリーへの取り組み研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●木質系バイオマスを分解し化学品原料を製造するための一連の要素技術を開発 ●水熱・メカノケミカル処理条件の最適化と、糖化酵素の生産性向上、バランスの最適化 ●糖化液から化学品を製造するため、遺伝子工学的手法で微生物を改変 原油(オイル)を精製してエネルギー、化学品、プラスチック、合成繊維などを製造する「オイルリファイナリー」に対して、バイオマス資源からこれらを製造するプロセスを「バイオマスリファイナリー」と言います。木質系バイオマスはリグノセルロースという強固な物質ですが、これをメカノケミカル処理(機械的破砕)、化学的処理、水熱反応などで解繊し、糖化酵素を使ってさらに分解して糖化液を作ります。さらに遺伝子を組換えた微生物を開発することで、木質系バイオマスから基幹物質となる化学品を効率よく製造するための一貫プロセスの開発を目指します。(1)水熱・メカノケミカル処理条件の最適化 バイオマス種に最適な水熱・メカノケミカル処理条件を開発するとともに、他の方法と比較検討を行っています。(2)糖化酵素の機能および生産性向上・バランスの最適化 産総研オリジナルの糖化酵素生産菌アクレモニウムによる糖化酵素生産性向上検討や、遺伝子組換えによる糖化酵素機能の最適化に取り組んでいます。(3)遺伝子組換え微生物による化学品製造 大腸菌、酵母を宿主として遺伝子を組換えることで、糖化液から化学品の効率的な生産に取り組んでいます。●水熱・メカノケミカル処理技術●糸状菌アクレモニウムの培養・育種技術●糖化酵素の機能および生産性向上・バランス最適化技術●酵素の構造解析技術●酵素の耐熱化技術●大腸菌、酵母の遺伝子組換え技術��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������水熱・メカノケミカル処理����������Filter paper activity CMCase activity Avicelase activity �-glucosidase activity Xylanase activity C1��CF2612����Extracellular protein �����������������������������������������������������������������������������������������������������������������糖化酵素の生産性向上とバランスの最適化● 研究拠点中国センター22環境・エネルギー分野第3会場E-07E-07

元のページ 

page 24

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です