2012年研究カタログ
231/543

■ 研究担当:河西勇二/岩田昌也/高橋栄一/村川正宏 ■ 情報技術研究部門 スマートシステム研究グループ■ 連携担当:樋口哲也 太陽電池パネルのクラウド型モニタリングシステム研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●メガソーラーでの迅速な故障検知と容易なメンテナンスを実現 ●膨大な発電情報をクラウドサーバ上に集約・蓄積するシステムによる運用の効率化 ●直流電力線を用いた通信によりパネル単位での発電状況の低コストなモニタリングが可能 東日本大震災後、わが国では再生可能エネルギーの導入拡大が必須の情勢となり、特にメガソーラーなど太陽光発電への期待が高まっています。しかしながら、実際には太陽電池パネルは、工業製品である以上一定の確率で故障が発生します。現状ではパネル単位での故障検出手段がないために、故障パネルを抱えたまま太陽光発電システムが運用され、その交換されない故障パネルがそのまま太陽光発電量のロスにつながります。メガソーラーの安定的な電力供給のためには、故障検出手段に基づくメンテナンス技術の確立が喫緊の課題となっています。 直流電力線を利用した独自の通信方式を開発して、太陽電池パネルの端子箱の中に小型の通信子機を実装するだけで発電情報の集約を可能としました。通信子機は、市販の安価な電子部品で構成して低コスト化し、量産時で200円程度です。さらに複数の通信子機からの発電情報を収集し、クラウドサーバ上に蓄積可能な通信親機を開発しました。通信親機は最大300個程度の通信子機を接続可能です。この通信親機を複数用いることで、メガソーラーでの太陽電池パネルごとの膨大な発電情報を一か所に集約・蓄積でき、その状態モニタリングや故障診断ができるようになります。● 特許出願情報2010-134937 (2010/06/14)「スペクトル拡散通信システム」● 通信親機・子機のハードウェアおよびソフトウェアの技術情報●通信親機・子機の評価用プロトタイプの提供● 産総研コンソーシアム「モニタ通信装置の利活用・標準化検討コンソーシアム」での情報交換������������������������� ������������������������� ������������ �������������� ������������� ��������������������� �������������� �������������� �� �� �� ������������� �������������������� ��������������������� ������������ ������������������������ ����������������������������������������� ������������ システムの全体構成図検証実験で使用中の通信親機(320×230×66mm)1台と子機(42×15mm)70台● 研究拠点つくば中央229情報通信・エレクトロニクス分野第3会場I-64I-64

元のページ 

page 231

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です