2012年研究カタログ
23/543

■ 研究担当:遠藤貴士/李承桓/岩本伸一朗 ■ バイオマスリファイナリー研究センター セルロース利用チーム■ 連携担当:矢野伸一 セルロースナノファイバーの新展開研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●木質系バイオマスからセルロースナノファイバーを効率よく製造する技術を開発 ●種々のポリマーとの複合化により汎用プラスチックを超える高性能複合材料が製造可能 ●石油由来のマテリアルを再生可能資源で代替 木質系バイオマスから製造できる超微細な「セルロースナノファイバー」は、軽量・高強度・低熱膨張率という特徴があり、樹脂補強材料や透明素材として国内外で注目されています。本研究では木質系バイオマスからセルロースナノファイバーを高効率で製造する技術を開発するとともに、セルロースナノファイバーを種々のポリマー等と複合化することにより、汎用プラスチック以上の性能を発揮する高性能複合材料の製造技術の開発を目指しています。 「セルロースナノファイバー」はセルロース分子が自己集合して形成された超微細繊維で、全ての木質系バイオマスから製造することができます。本研究では、産総研が開発した“水熱・メカノケミカル処理”を基盤技術として、高品質で利用性の高いナノファイバーを高効率で製造する技術を開発します。さらに、ポリプロピレン等のプラスチックと複合化することにより、ナノファイバーの高い物性を生かした高強度材料・高機能材料の開発を目指します。ナノファイバー複合材料は、建材や家電製品の筐体、自動車部品等への展開が期待されます。●セルロースナノファイバー製造・複合化技術●セルロース系材料 / 高分子材料の物性評価・解析技術● 木質系バイオマス / セルロースの微細化・材料化・高付加価値化技術● 特開2008-274247(2008-11-13)「細繊維状セルロース系物質及びその製造方法」謝辞: 本研究の一部は、文部科学省科学技術戦略推進費補助金「森と人が共生するSMART工場実証」で実施しました。������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������セルロースナノファイバー製造・複合化技術x 60,000200nm15nmセルロースナノファイバーの電子顕微鏡写真● 研究拠点中国センター21環境・エネルギー分野第3会場E-06E-06

元のページ 

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です