2012年研究カタログ
229/543

■ 研究担当:西村拓一/三輪洋靖/福原知宏/渡辺健太郎/本村陽一 ■ サービス工学研究センター サービスプロセスモデリング研究チーム■ 連携担当:西村拓一 介護・看護現場での間接業務を圧縮する情報端末技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●現場参画型開発による情報共有技術の開発 ●効率的な情報入力と記録業務の削減を目指した情報推薦技術の開発 ●作業のコンテキスト付き構造化情報の共有による現場共有知の実現 介護・看護サービスの現場では、記録業務や従業員間の申し送り業務に代表される間接業務に多くの時間が費やされています。そこで、作業現場にて入居者や患者情報の複雑な記録や閲覧を短時間で可能とするシステムを開発することで、間接業務の圧縮やサービス品質の向上を目指しています。このために、候補文やタグを作業状況に基づいて推薦する情報推薦技術を開発しています。また、新たな技術を最大限活用できるよう業務フローの改変など、現場参画型開発によって現場従業員が主体的に開発できるようコミュニティ支援も行います。 作業現場での介護・看護に有用な携帯端末を現場参画型で従業員が主体的に仕様を検討しています。携帯端末では所見や申し送りのメモを迅速に記録することで詰所での入力作業の漏れや手間を削減します。既に入力した情報を基に候補文を推薦することで、数タッチで必要な情報を参照でき、数タッチでメモを入力できるようになります。また、気付きや会話へ繋がるよう推薦時にどの看護師がどのような状況で記録したのかさりげなく示します。これによってシステム利用をきっかけに従業員の行動や知識が生き生きと流通することを目指します。●現場参画型開発の方法論●情報共有支援システム●現場適応型マイニング技術、情報推薦技術謝辞: 本研究の一部は、平成23年度経済産業省委託事業 次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(サービス工学研究開発分野)「本格研究による人起点のサービス工学基盤技術開発」として実施されました。���������������������������? ������������������������������…����������������������������������������������B�����������A���������������������������������������������������201��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������3/2 ��������������������2/29 �����������������������������2/27 ����������������������������������PC������������������������������������������������������������������������図1 研究の全体イメージ�����������������������������������������������������������iPad, iPod touch����������������������������LAN����������������������������������図2 情報共有支援システムの構成● 研究拠点臨海副都心センタ-227情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-62I-62

元のページ 

page 229

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です