2012年研究カタログ
225/543

■ 研究担当:来見田淳也/石井紀代/黒須隆行/井上崇/谷澤健/高明義/松浦裕之/並木周 ■ ネットワークフォトニクス研究センター 光信号処理システム研究チーム■ 連携担当:挾間壽文 光ネットワーク超低エネルギー化技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●産総研は、協働企業10社と「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点」を形成 ●多粒度多階層ネットワークにて、従来より数桁高い電力効率を実現 ●ダイナミックな光経路切り替えに対応できる光信号処理・光伝送技術を開発 増大し続けるネットワークトラフィックを支え、ユーザがいつでも大容量ファイルを超低エネルギーで転送できるダイナミック光パスネットワーク技術への期待が高まっています。これを実現するためには、ユーザ・アプリケーションと連携する光パスネットワーク技術が必要です。本研究では、光パスネットワークのトポロジーを考察しながら、これを構成する光ノードにおいて、光伝送路のさまざまなパラメータをダイナミックかつ自律的に最適化する光伝送技術を創出し、低エネルギーで大容量な光ネットワークを目指しています。 産総研は、協働企業10社と垂直融合型研究体制を構築し「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点」を形成しました。垂直連携においてネットワークトポロジ―の詳細を検討しながら、光パスネットワーク技術の実証に向け、つくば地区での実運用ネットワークテストベッド構築に取り組んでいます。●光伝送特性評価及び光ネットワーク設計・解析●光パスネットワーク・テストベッド利用(予定)● 特許第4919294号「可変分散および光遅延制御装置」謝辞: 本研究の一部は、文部科学省イノベーションシステム整備事業によるものです。���������������������������������H.22�����������������������������������������������������������������������������ダイナミック光パスネットワーク技術開発● 研究拠点つくば中央223情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-58I-58

元のページ 

page 225

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です