2012年研究カタログ
223/543

■ 研究担当:中田亨 ■ セキュアシステム研究部門 セキュアサービス研究グループ■ 連携担当: 樋口哲也 人為ミスに負けないセキュア化技法研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●人間はどうだまされるのかモデル化 ●異常を発見しやすくする。検査すべきタイミングを正しく設計する ●手順書のドキュメンテーション作業を助ける ヒューマンエラーによる事故や情報漏洩を防ぐために、3つの重大要因を改善します。① 異常検知体制の強化:異変が生じた際に、すぐに確実に気付けなければダメです。検査のタイミングが遅すぎたり、検査が人間の知覚に反する「見づらい」やり方でやっていると、必ず事故が起こります。②異常源診断(トレーサビリティ):どこから間違えたかを判定できなければ、事故の復旧も再発防止もできません。③情報のマネジメント:堅苦しい分厚いマニュアルや、形ばかりのヒヤリハット報告体制は事故を招きます。 金融機関、教育機関、建設業などと共同して、人為ミスの実例を題材とし、その改善を研究してまいりました。【人間の認知モデル】人間のだまされ方のパターン化 (図1参照)【道具の知覚心理学的改善】見づらい書式や画面を、知覚心理学の常識にしたがって改善します。【工程の改善】ど忘れを生む「待ち時間」の削除や、検査体制の過不足判定を行い、間違いにくい工程を設計します。(図2参照)【ドキュメンテーションの改善】読みにくいマニュアルや使いにくいヒヤリハット報告制度をを改善します。● 特許第4517072号「ヒューマン・インタフェース自由度効率評価装置」● US 7,284,154 B2 “System and method for evaluating usability using virtual user.” ● 特許第4122434号 「仮想ユ-ザを用いた操作性評価処理システム」1 ������������������������������������������������������������������������������������������������� ���������������������������������������� ���������������������������������������320�������������������������������������������������������������� �������������������H671������ �������������������������������������H671�������������������������������������� ������������������������� ���������� ������������ ������������������ ���������� ����������� ��������� ����������� ������ ��������� ���������� 図1 対人型情報セキュリティ攻撃������������ ������� ��������� ������� ��������� ������� ����������� ���������� ��������� ����� ������� �������� ����� ����������� ������������ ��������� 図2 ETA技法によるリスク予測● 研究拠点つくば中央221情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-56I-56

元のページ 

page 223

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です