2012年研究カタログ
216/543

■ 研究担当:古原和邦/高橋孝一/戸田賢二/瀬河浩司/海老原一郎 ■ セキュアシステム研究部門 制御システムセキュリティ研究グループ■ 連携担当: 樋口哲也 制御システム高セキュア化の取り組み研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●隔離された制御システムをも標的とし始めたサイバー攻撃 ●電気ガス水道などの各種重要インフラを支える制御システムの防護 ●制約条件を満たしつつ最大の効果を上げるためのアセスメント 重要インフラを支える制御システムは、機器やネットワークが特殊である他、インターネットからも隔離されているためサイバー攻撃を受けることはないと考えられていました。一方、サイバー攻撃は、不特定多数を狙った愉快犯による攻撃から、反社会的な意図を持って特定の組織やシステムを標的とする高度な攻撃へと変わりつつあります。実際、海外では隔離環境にある制御システムが攻撃された例もあり、また、制御システム自体の汎用化も進んでいます。標準や可用性などの要件を満たしつつ、適切な対策を講じることが求められています。 制御システムには、止めてはならない、機器の更新期間が長い、既存システムとの互換性、運用体制、標準への準拠、コストなど、現場に応じて各種の制約条件が存在します(図1)。これらの制約条件を満たしつつ、最大の効果を上げるためのアセスメント技術を確立させると共に、日々進化するサイバー攻撃やマルウェアの将来を見越して、将来それらを封じ込めるための高度な検知・防止技術についても研究開発を行っています(図2)。また、技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)の活動にも協力しています。● 制御システム向けセキュリティアセスメント● マルウェアに気づかれることなく端末上からその挙動を検知・防止する技術● 制御機器の設定値、プログラム、ファームウェアなどの安全なアップデート技術● 特許出願情報2008-230969「複数の端末を用いた改ざん命令実行防止技術」���������� �������������� ���������� ���������� ���������/���������(FSA) ���������������������������������������������������������� �������� �� DoS, ������������ ���� ����������������(CRT)���� ��������������������������������� �������������������������� �������(�������������) ��������������������� �������������������� ��(USB����)������ ������������������������ ����� ��������������� ���������� ������ ������������������ ������������ ���������� ��������� ��������������������� ���������������� ������ ��������� ���������������������������� ������������������� �������������������� ������������� ���� �������/��������(FSA) ���������������� ������������������ �������������� ���������������� ��������������������������SRT�� ������������������ ��������������������(SDSA) ��������� 図1 制御システムにおける脅威と対応策の整理���������������������������図2 日々進化するマルウェアを封じ込めるための研究開発● 研究拠点つくば中央214情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-49I-49

元のページ 

page 216

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です