2012年研究カタログ
215/543

■ 研究担当:松井俊浩/宝木和夫 ■ セキュアシステム研究部門■ 連携担当:樋口哲也 セキュアシステム研究部門の全体概要研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●インターネットやクラウドサービスでの新しい暗号の利用方法 ●電気ガス水道などの重要インフラをサイバー攻撃から守る制御システムセキュリティ ●ソフトウェア高信頼設計方法、および、ICカードなど組込み系装置への対策 ITが発展し、世界中がインターネットに接続されるのと並行して、情報機器や情報資産がさまざまな脅威にさらされています。これらを守る技術を開発し、社会で使われるようにするため、2012年4月より新たにセキュアシステム研究部門RISEC(Research Institute for Secure Systems)が設立されました。RISECは、産業や社会に「IT安全」という価値をもたらすことにより、富を生むとともに、安全化サイクルが自発的に回るように致します。そのため、工学的研究開発だけではなく、ヒューマンファクタや制度にも注目しながら総合的に取り組んで行きます。 保護対象となるネットワーク、交通、健康医療、産業基盤などの安全性を図るため情報技術面から脅威と対策の研究を行います。RISECはセキュアサービス、制御システムセキュリティ、システムライフサイクル、高信頼ソフトウェア、次世代セキュリティの5研究グループから構成されます。ソフト/Webアプリの脆弱性分析、攻撃検出、アンチウィルス、乗っ取り端末の特定と隔離など個別脅威の分析と対策の他、抜本的技術として関数暗号、高度ユーザ識別符号、制御システム高セキュア化ボード、形式検証、セキュリティバリアデバイスなどの研究を行います(図1)。● 制御システム向けセキュリティアセスメント● 個別システム向けの最適な暗号・認証技術の設計方法●放送暗号の構成・安全性評価●ヒューマンエラー対策技術●CONPASU:並行プロセス動作解析ツール●ハイバーバイザによるゲストOS振る舞い解析●マルウェア汚染下での安全なネット取引方式●標準評価ボードSASEBOの設計知財���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図1 セキュアシステム研究部門の研究内容● 研究拠点つくば中央213情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-48I-48

元のページ 

page 215

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です