2012年研究カタログ
210/543

■ 研究担当:小森和弘/佐々木史雄/望月博孝/山本宗継/天野建 ■ 電子光技術研究部門 ナノフォトニクスデバイスグループ■ 連携担当:小森和弘 次世代光インターコネクション用集積光デバイス・回路技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●低消費電力・大容量伝送が可能な次世代光インターコネクション用集積光デバイス・回路 ●温度安定性に優れた量子ドット材料を用いた面出射型の新しい集積レーザ光源を開発 ●光通信波長(1.3μm)帯に対応したポリマー光集積回路の研究を推進 光通信は長距離系から近距離系への研究が進展し、次世代のボード内・チップ間の光通信(光インタコネクション)の実現が重要になっています。この為には、低消費電力・大容量伝送、高密度集積が可能な光送受信器(レーザ光源)と光集積回路の開発が必要不可欠です。当グループでは、半導体ナノ材料光源、有機・ポリマー光導波路デバイス、異種材料ハイブリッド集積等のコア技術を基にして、産総研独自開発の温度安定性に優れた量子ドット材料を用いた面出射型の集積レーザ光源、およびボード内光通信用の高密度ポリマー光集積回路を研究を行っています。 ボード内光通信用の光源としては、通信波長帯(1.3μm)帯で温度安定性が良く、かつ基板面上に光出力が可能な面出射型半導体レーザが必要です。そこで、面出射・高効率光結合が可能な45度ミラーとスポットサイズ変換器を集積したポリマー光回路を開発し、その上に産総研独自開発の量子ドットレーザをハイブリッド集積することにより面出射型の集積光源を実現しました(図1)。ボード内光通信用の光集積導波路回路としては、最新のシリコン光素子の波長帯(1.3μm)に対応し、かつ大容量伝送・高密度集積が可能なポリマー光導波路を用いた集積光導波路回路の研究を推進しています(図2)。●高密度・高均一量子ドット材料の結晶成長技術、 1.3μm帯量子ドットレーザの作製技術● 有機ポリマー評価技術、作製・プロセス技術特許出願情報2005-245139 (2005/08/26)「半導体発光素子およびその製造方法」謝辞: 本研究の一部は、平成23年度NEDO先導プロジェクト「超低消費電力型光電子ハイブリッド回路技術開発」により実施されました。��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������図1 ハイブリッド光集積技術を用いた 1.3μm帯の面出射型量子ドット光源�����������������������������������������������������������������������������������図2 ボード内光通信用のポリマー光回路基板(上図) ポリマー光導波路(下図)● 研究拠点つくば中央208情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-43I-43

元のページ 

page 210

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です