2012年研究カタログ
202/543

■ 研究担当:永崎洋/柏谷聡 ■ 電子光技術研究部門 超伝導エレクトロニクスグループ■ 連携担当:小森和弘 ポスト銅酸化物高温超電導体材料の機能創成【酸化物アライアンス】研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●高圧合成技術を使った新超伝導材料/新機能材料の開発 ●新規超伝導エレクトロニクスデバイス、線材の試作と特性評価 ●従来にない超伝導応用の提言 超伝導技術は、低損失送電、超高速輸送、高度医療分野への応用などの面において、持続的発展可能な社会構築のために大きく期待されています。当グループでは、情報通信・エレクトロニクス技術の革新にむけた、新たな超伝導物質の設計と開発、理論・実験両面からのアプローチによる高温超伝導機構解明、およびそれらの知見に基づく新機能超伝導デバイスの提案と技術開発を推進し、超伝導研究におけるフロンティアを開拓することを目標として研究を行っています。・ 高圧合成法を始めとする先端物質合成手法を用い、より高い超伝導転移温度を有する超伝導体、興味深い性質を示す超伝導体の開発を行っています。・ 銅酸化物、鉄系超伝導体に代表される高温超伝導体の超伝導出現機構の解明に向けた研究を行っています。・ 高品質単結晶、多結晶試料作成技術の確立と、それらを用いた超伝導エレクトロニクスデバイス、線材作製技術の開発を行っています。・ 理論、実験両方のアプローチから、従来にない超伝導応用の可能性を検討しています。●高圧合成法による極限下試料作製技術●帯域溶融法による大型・純良単結晶作製技術●超高圧下における精密物性測定・評価技術●微小超伝導素子作製技術●第一原理電子状態計算●量子モンテカルロ法●量子デバイス理論●特許出願情報: 特願2008-301827「超伝導材料」左より:(a)鉄系超伝導体の結晶構造 (b)超高圧発生装置 (c)超伝導スピンエレクトロニクス素子の理論モデル● 研究拠点つくば中央200情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-35I-35

元のページ 

page 202

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です