2012年研究カタログ
20/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財各燃料の着火遅れ時間の試算結果時空を超えた再生可能エネルギーの高度利用技術���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������●燃料品質の評価●水素を含めた多種燃料のエンジン試験●粒子状物質や排気成分の詳細分析●多種燃料の化学反応モデリング●シミュレーション解析によるエンジン燃焼評価 これまで産総研ではシステム成立性の重要な要素として、エンジンを使ったエネルギー変換時の排気特性の実験的検証や、エンジン効率に大きく影響する燃料の着火特性の反応動力学的アプローチによる検討などを行ってきました。今後、変動する再生可能エネルギーを液体燃料として貯蔵する技術や、水素脱離触媒をカップリングしたコジェネレーションによる熱電併給技術の確立を目指します。また、最終的には再生可能エネルギーの季節間貯蔵を実現し、春や秋のエネルギーを夏季の冷房、冬季の暖房に有効に利用できるシステムを目指します。 再生可能エネルギーはクリーンなエネルギー源として注目をされています。しかし、その変動は大きく、今後の普及の障害になります。また、電力の需要と供給のバランスから春季や秋季には稼働できないケースも多く見られます。これらの問題を解決するには電力の貯蔵技術と組み合わせ変動を抑える技術開発が必要となります。本研究では、春季や秋季の未利用エネルギーを液体燃料として貯蔵し、より多くの再生可能エネルギーの利用を可能にする技術開発を目指します。本研究は今後、福島再生可能エネルギー研究開発拠点へ展開する予定です。 ●風力・太陽光などの再生可能エネルギーの変動緩和 ●再生可能エネルギーの液体燃料化による輸送・貯蔵技術の確立 ●液体燃料への転換により長期多量貯蔵を可能にし、季節間変動を緩和■ 研究担当:古谷博秀/辻村拓/小熊光晴/後藤新一 ■ 新燃料自動車技術研究センター■ 連携担当:池田喜一 再生可能エネルギー輸送・貯蔵技術の研究開発● 研究拠点つくば東18環境・エネルギー分野第3会場E-03E-03

元のページ 

page 20

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です