2012年研究カタログ
199/543

■ 研究担当:戸村哲/錦見美貴子/半田剣一/佐藤豊/高橋直人 ■ 情報技術研究部門 プロセスウェア研究グル-プ■ 連携担当:後藤真孝 小規模なソフトウェア開発組織のためのデプロイメントパッケージ研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●開発プロセスの確立を支援し、ソフトウェア開発能力の向上を実現 ●国際規格に適合した世界に通用するソフトウェア開発プロセス ●小規模開発組織に適したソフトウェア開発プロセス手法を提唱 良いソフトウェアは良いプロセスから生まれます。国際規格(ISO/IEC12207)では良い開発プロセスとは何か、どう実行するべきかについて定めています。しかし、ソフトウェア開発の95%以上を担う小規模組織では、すべての開発プロセスを定義し実行する時間や人員を投入できません。本研究は、小規模組織が国際規格の定める開発プロセスを実行する際の模範的な枠組や必要となる文書の雛型を提供して、開発するソフトウェアの品質管理や開発の相互連携を可能にし、社会全体のソフトウェア開発能力の向上を目指しています。 ISO/IEC12207では、ソフトウェア開発全般で必要となる可能性があるすべてのプロセス、目標、成果物を定義しています。この中から小規模組織にとって現実的な部分を取り出した規格としてISO/IEC29110があります。デプロイメントパッケージ(DP:Deployment Package)とは、この規格を満たすために必要な作業を、読めばできるレベルまで分割して説明し、作業のガイドライン、必要な文書の雛形や点検リスト等の形で提供するものです。 産総研内での検証後、筑波大学との共同研究として本デプロイメントパッケージの評価テストを計画しています。● AIST-DP:小規模なソフトウェア開発組織のためのデプロイメントパッケージhttps://sites.google.com/site/swetoolchain/home/h23���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������� ������ ��������������� ���� ���������� ISO/IEC 29110 ���� �������������� ���������� ������������ ������������ ��������������������������������������������������������������� ������������������������������������� ��������������������������������������� ソフトウェア開発のすべてのプロセスをカバーするデプロイメントパッケージ● 研究拠点つくば中央197情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-32I-32

元のページ 

page 199

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です