2012年研究カタログ
194/543

■ 研究担当:小島功 ■ 情報技術研究部門 サービスウェア研究グループ■ 連携担当:後藤真孝 GEO Gridの検索サービス:異種・分散した地球観測メタデータの検索と標準化研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●国際標準規格(Open Geospatial Consortium, OGC)準拠による高い相互接続性の実現 ●広域に分散した異種のメタデータを統合的・横断的に検索 ●並列・分散技術による高速な検索を実現 地球観測衛星などのセンサの高解像度化やインターネットの発展に伴い、地理空間情報は全世界規模で爆発的に増大しています。このため、これらの膨大な情報から、必要とする情報を必要な形式で得ることが困難になっています。GEO Grid では膨大な地理空間情報を高速・高機能なサービスとして提供する基盤技術の開発を行っています。その一つとしてどんな情報がどこにあるか?という情報を記述した「メタデータ」に着目し、分散した組織が保有する多様なメタデータの高速かつ横断的な検索を可能にする研究開発を行っています。クラウド等の並列・分散計算技術により即時性の高い情報提供を目指すと共に、標準化技術の提案も目指しています。 分散した複数の組織が保有するメタデータを一括、横断的に検索できるよう、GEO GridではOGC のカタログサービス(Catalog Service Web,CS-W) 規格に基づいた国際標準準拠のソフトウェアを研究開発しています。並列処理により高速な検索を達成すると共に、全文検索に基づく検索により異種のメタデータを統合的にアクセスできます。インターネットの検索プロトコル(OpenSearch GEO/Time)とも連携でき、地球観測応用だけでないデータ連携が可能になっています。これを使った地理空間情報の検索サービスを構築・提供しており、利用者利便の向上と国際標準の参照実装の提供を目指しています。● 国際標準(OGC CS-W)やインターネットのデファクト標準(OpenSearch GEO/Time)に基づく異種・分散メタデータ検索の技術とオープンソースソフトウェア● 異なる組織の保有する地球観測情報の相互連携を容易にするメタデータ設計と管理の技術● 分散・並列による高速な検索技術や座標変換を含む地理空間情報の検索技術���������� MET GEO ASTER �������������������������� ��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������� ������������������ GEO Gridのサービスとその基盤OGC(Open Geospatial Consortium)規格に基づく、メタデータによるカタログ検索とコンテンツ提供● 研究拠点つくば中央192情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-27I-27

元のページ 

page 194

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です