2012年研究カタログ
193/543

■ 研究担当:田中良夫 ■ 情報技術研究部門■ 連携担当:後藤真孝 安全な地理空間情報サービス連携を促進する次世代GEO Grid研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●クラウド技術の応用により、地理空間情報の急激なサービス需要の増減にすばやく対応 ●OpenID Connectに基づくセキュリティにより、安全かつ容易なサービス連携を実現 ●様々なカタログサービスから欲しいサービスを探し出し、ワンストップで提供 全世界規模で爆発的に増大する地理空間情報を、専門家でない広く一般を対象とした新しいビジネスに活用したいというニーズがあります。次世代GEO Gridは、 クラウドなど最先端のIT技術を活用して地理空間情報の安全かつ簡便な高度利用を支援するシステムであり、第三者利用によって価値を生むデータの所有者、プラットフォーム上での高速計算処理が必要なアプリケーション開発者、地理空間情報を用いた新規ビジネスを検討している人などが、簡単にサービスインできるようなアーキテクチャ作りを目指しています。 グリッドやクラウドなどネットワークを介したサービス連携を実現するIT技術を活用し、ネットワーク上で提供されている大量の地理空間情報やそれらに付加価値をつけるサービスを安全かつ簡易に検索、利用するアーキテクチャの研究開発を行っています。管理主体の異なる複数のサービスを安全に連携利用するためには、利用者の認証や認可などのセキュリティが重要なカギとなります。GEO Gridでは、ソーシャルネットワークサービスやEコマース等で今後広く利用されていくと想定されているOpenID Connectの独自実装を用いたセキュリティにより安全なサービス連携を実現します。● OpenID ConnectやOAuthを用いた認証認可フレームワークを用いた安全なサービス連携技術● 地理空間情報や、それを用いるアプリケーションの提供による新規ビジネス創出に向けての実証実験謝辞: 本研究の一部は、文部科学省科学技術戦略推進費国際共同研究の推進「アジアGEO Gridイニシアチブ」によるものです。����������������������������������������������������������������������� �������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������� ����������������������������������������������������������������������������������������GEO Grid������������������ GEO Gridアプリケーション事例������������������������������������������������������������������������������� ����������������������������������������������������������������������������������� ��������������������������������������������������������������������������� 次世代GEO Gridの利用シーン例● 研究拠点つくば中央191情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-26I-26

元のページ 

page 193

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です