2012年研究カタログ
187/543

■ 研究担当:大山英明 ■ 知能システム研究部門 サービスロボティクス研究グループ■ 連携担当:横井一仁 遠隔行動誘導システム研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●遠隔地の専門家のサポートで、高度の技能を現場で実現 ●軽量化された現場協力者用システム ●広視野で、直感的な指示を行うことが可能な専門家用コクピット 非専門家が、その周囲の情報を遠隔地の専門家に送り、状況を把握した専門家が、拡張現実感(AR)技術によって、作業の手本を分かりやすい形で見せ、それを非専門家が真似ることで、現場で専門家のような高度の作業を行う遠隔行動誘導システムを開発しています。応急手当、電気機器・機械の操作、電気機器・機械・建築物の修理・維持、調理他、様々な作業が、専門家のサポートによって、可能になると期待されます。個人の能力の拡張に貢献するとともに、高齢化の進む我が国の活性化、過疎地でのサービスの向上、災害復興等に貢献することを目指しています。 現場にいる非専門家と遠隔地の専門家が、頭部にカメラとディスプレイを装着します。拡張現実(AR)技術により、現場のカメラ画像に専門家の手のCG画像を重ねて表示し、それを二人が共有します。専門家は、現場の画像に対して、自ら手本を見せて作業を指示します。その手本を非専門家が真似ることで、専門家の技能の一部を、現場で実現できます。軽量化された非専門家用システム、比較的速く状況が変化するような環境に対応するための、広視野を実現するHMD/スクリーン複合ディスプレイシステム、直感的な移動指示インターフェイス等を開発しています。●拡張現実感技術を利用した遠隔行動誘導技術●HMD/スクリーン複合ディスプレイ技術●学習機能を持つ直感的な移動指示インターフェイス謝辞: 本研究では、JST CREST先進的統合センシング技術「パラサイトヒューマンネットによる五感情報通信・環境センシング・行動誘導」(研究代表:前田太郎大阪大学教授)で開発された技術を利用しています。���������������������������������������������������������������������������������������������(AR)��������������������������������CG�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������遠隔行動誘導システムの概念図 �������HMD�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������HMD/スクリーン複合ディスプレイシステム● 研究拠点つくば中央185情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-20I-20

元のページ 

page 187

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です