2012年研究カタログ
174/543

■ 研究担当:吉田英一/三浦郁奈子/小林吉之/遠藤維/本間敬子/梶谷勇/ 松本吉央/金広文男/Abderrahmane Kheddar■ 知能システム研究部門 AIST-CNRSロボット工学連携研究体/ヒューマノイド研究グループ/ 統合知能研究グループ/ディペンダブルシステム研究グループ/サービスロボティクス研究グループ デジタルヒューマン工学研究センター 健康増進技術研究チーム/身体機能中心デザインチーム■ 連携担当:横井一仁 ヒューマノイドを用いたアシスト機器の設計支援研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●被験者実験代替によるアシスト機器の設計支援・開発効率化に貢献 ●ヒューマノイドによるさまざまな人動作・作業の再現 ●ヒューマノイドによる装着型支援機器の実験的評価 高齢者や障害者の活力を増進とQOL向上において、ロボット技術を利用した人間の移動・作業アシスト機器の重要性が増してきています。その利用性評価でボトルネックとなっている被験者実験を、ヒューマノイドを用いて一部代替しアシスト機器の評価を行うことで、その開発効率化に貢献することを目指します。 人間に近い構造を持つヒューマノイドをアシスト機器の仮想ユーザーとして、人間のさまざまな動作を再現してデータ測定・解析を行い、定量的な指標による評価と設計支援の方法論を構築していきます。 実際にアシスト機器を使用する人間のデータ測定やアンケートを実施し、デジタルヒューマン技術による動作解析と評価指標の抽出を行います。その結果に基づきヒューマノイドで動作を再現し、シミュレーションや実験を通して力や関節トルクなどの定量的データを取得します。動作の繰り返しや調整が可能で、倫理的リスクがないヒューマノイドの特徴を活用し、被験者を代替する利用性評価手法と設計支援について研究を進めます。装着型のサポートウェア(スマートスーツ・ライト:スマートサポート社)を例に基礎的な検証を行っています。●人間動作解析・理解のためのデジタルヒューマン技術● さまざまに調整可能な人間形状のシミュレーション技術●人間動作のヒューマノイドによる再現技術●ヒューマノイドのシミュレーション・実験技術�������������������������������������������������������������������������ヒューマノイドを用いたアシスト機器設計支援�����������������������������������������������������������������������������������������アシスト機器の効果検証手法の基礎実験● 研究拠点つくば中央臨海副都心センター172情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-07I-07

元のページ 

page 174

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です