2012年研究カタログ
172/543

■ 研究担当:大場光太郎/本間敬子/藤原清司/中坊嘉宏/水口大知/尾暮拓也/花井亮/松本治/安達弘典/ 堀内英一/加藤晋/岩田拡也/橋本尚久/藤原浩/竹内厚司/児玉将人/角保志 ■ 知能システム研究部門 ディペンダブルシステム研究グループ/ フィールドロボティクス研究グループ/サービスロボティクス研究グループ■ 連携担当:横井一仁 生活支援ロボット安全検証センター研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●生活支援ロボットの安全に関する国際規格策定中 ●機能安全試験、衝突安全試験、強度試験、EMC試験等を実施 ●生活支援ロボットの製品安全の国際的拠点 我が国では、少子高齢化が急速に進展しており、ロボット技術の介護・福祉、家事等、生活分野への適用が期待されています。しかしながら、民間企業の独自の取り組みでは限界があり、また生活支援ロボットの安全に関する国内外の規格等が未整備であるために、安全基準に関する国際標準等の整備が求められています。生活支援ロボット安全検証センターでは、NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの安全検証試験技術開発の拠点として、機能安全試験、衝突安全試験、強度試験、EMC試験等の試験を行い、各種データ収集・分析等を行っています。 知能システム研究部門では、生活支援ロボットの安全性検証手法を開発するために、当センターを活用することにより、ロボットのリスクアセスメント、機能安全、移動ロボットの走行耐久性や対人安全性等に関する試験装置の開発、試験方法の策定等を行っています。当センターは、試験研究機関の活動場所であると共に、生活支援ロボットの製品安全の国際的な拠点となる役割を果たします。● 生活支援ロボットの安全性に関連する各種試験および認証にかかる相談への対応可(機械・電気・機能安全)謝辞: 当センターで行われている試験・研究は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「生活支援ロボット実用化プロジェクト」により行われています。生活支援ロボット安全検証センターの外観安全検証センターの実験設備(例)● 研究拠点つくば中央170情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-05I-05

元のページ 

page 172

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です