2012年研究カタログ
170/543

■ 研究担当:安藤慶昭/Geoff rey Biggs/原功/神徳徹雄 ■ 知能システム研究部門 統合知能研究グループ/ソフトウエアプラットフォーム研究班■ 連携担当:横井一仁 ロボットソフトウエア基盤:RTミドルウェア(ROBOSSA)研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●モジュール単位でロボットシステムを構築するプラットフォーム ●モジュール化と再利用によって開発期間の短縮、コスト削減が可能 ●ロボット特有な機能、多言語・異種OS間の連携機能を提供 RTミドルウエアは、ロボット開発コスト削減の切り札となるソフトウエアプラットフォームです。RTコンポーネントと呼ばれるソフトウエアモジュールを組み合わせることで、効率的に柔軟なシステムを構築することができます。特にネットワークを利用する多言語・異種OSシステムや、IEC61508等の機能安全規格への準拠が必要なシステムの開発に威力を発揮します。多様なコンポーネント群や開発支援ツールも提供され、次世代ロボットの迅速かつ効率的開発を実現するロボットソフトウエア統合開発環境の基盤構築を目指しています。 ロボットの機能要素を、RTコンポーネント(RTC)と呼ばれるソフトウエアモジュールとして作成し、これらを組み合わせてシステムを構築します。RTCのインターフェースは国際標準化団体OMGにおいて標準化されており、この標準に準拠したモジュール同士は、言語、OSの違いを超えて互いに接続・連携することができます。 RTミドルウエア(OpenRTM)、ツール群、コンポーネント群の3つを合わせたロボット統合開発プラットフォーム:ROBOSSA*により、ロボットシステムの開発の効率化を目指します。*ROBOt Software Suite, AIST●OpenRTM-aist-1.1 ・C++、Python、Java各言語対応版 ・RTCBuilder、RTSystemEditor等のツール ・LGPL/EPLと個別契約を選択可能●特許第4910122号「コンポーネント化制御システム」●Webページ: http://openrtm.org謝辞: 本研究の一部は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」により行われたものです。����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������コンポーネントの組合せでロボットを構築するためのプラットフォーム:RTミドルウエアRT����������������(OpenRTC)������300����������(OpenRTP)RTC����������������������������������������������������������������������������������Inac�veAc�veError�������������������RTC���������RTC��������������RTC����������������������������������������������������������������������1TI sTDsKp+-�������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������–������������������–���������–etc…���������3D����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������ROBOSSARobot So�ware Suite, AISTRT����������������������������RT�����������������������������������������������������������������RT����������������RTC��RT������������RTCRTCRTCRTC����������RT��������������RTM��������������������������������������������������etc…����������������������RT��������RT������������(OpenRTM)������������������������������OS��������ロボット統合開発環境:ROBOSSA● 研究拠点つくば中央168情報通信・エレクトロニクス分野第2会場I-03I-03

元のページ 

page 170

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です